東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ある夜の訪問者

ある晩のこと。

夜中にアメちゃん(犬)が、

 

ゴソゴソ...ゴンッ!

ゴソゴソ...ゴンッ!

ゴソゴソ...ゴンッ!

 

眠る時はハウスの中のあめちゃんですが、

その中で、敷物をガリガリやって、ずっこけているのかハウスの壁にぶつかってゴンッ!

 

そんな時のアメちゃんは、いつも凄いんです。

 

なんと、

パンの過発酵を教えてくれています!!

 

 

急激に寒くなった北海道。

発酵時間の見極めが急に変わって、前日の朝はパンを焼くのが遅れたサヤカセンセ。

だから、早めに捏ねて、一次発酵を多くとっていたようですが、

寝る時もまだ発酵が足りてなかったので、冷蔵庫には入れずに室温で待機。

 

いくら寒いとはいえ、まだプラスの世界ですが。笑

夜中に発酵が進み、あぁ〜これ以上、室温待機したら過発酵になってしまう!!

 

そんなタイミングで、アメちゃんがゴソゴソやり始めます。

 

今までもそんな事が多々あったので、

サヤカセンセは、ゴソゴソアメリを横目にすぐキッチンへ。

やっぱり、発酵のお知らせ!!

 

その後、アメちゃんは何事もなかったように、スヤスヤと眠っていました。

 

 

 

私もその後、すぐに眠りに付いたのですが、

氣づくと夢の中に意識がシフトしていて、霊夢という、クリアな夢の中。

 

どこか、だれか、の古い家の中にいました。

家の中を歩きながら、意識がハッキリしていて、

ここ、誰の家だろう?また古い家にきたよ。。(よくこういう夢をみるので、それは今の家と前の家に繋がっている)

 

よくわかんないから〜遊んじゃおうっと、気楽になって、

そ〜っれ!と絨毯の上にダイブして、そのまま浮遊して飛びながら家の中をフラフラ〜

 

あ〜楽しい。(薄暗いし古いしで、楽しい家という感じではないし、なかば投げやりに。笑)

 

いわゆる霊夢、リアルな夢は、

夢と知って見ていて、いろいろ自由に出来ます。

しゃべることも、飛ぶことも、私の意志が自由にリアルになります。

夢を見ているというよりは、そこに存在しているので、

起きている時と同じように、感覚も全てリアルです。

まるでパラレルワールド、異次元で生きているような感じです。

 

 

そろそろ飽きたわ。

 

 

と思って、寝ている自分に意識を少し戻してみたら。。。

 

 

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜。金縛り。(笑)

 

 

それは当然です。笑

あっちの世界へ行っているときは、こっちの自分に意識が入っていませんので、

こっちの自分に意識を取り戻すには、時間がかかります。(笑)

 

 

動かない、当然目も開かない状態。

 

なんか、胸の辺りを四つ足が歩いていました。

胸のあたりで、のすのす、のすのす。

 

あめちゃん??

なわけない。あめちゃんはハウスだし、大きさが3分の1くらいだし。

 

 

はじめは、ちょっと怖いなぁと思ったのですが、

こっちの猫いわゆる3次元の猫じゃないわ。と思ったら、怖いと思うのは嫌なので、

 

重いぞ!やめれ。降りなさい!って、口で言いたかったけれど、金縛りですから喋れる訳でもない。

 

アメちゃん、なんか感づいて、ゴソゴソしようよ!

(まわりは、シーンとしてた。。。誰か...笑)

 

こうなったら!

犬のうなり声みたいなのはどうだ?(あめちゃんにダメを教えるとき、「う”ー」ってやります。)

 

と喉から、そのやっとの思いで、振り絞って、「う”〜」って(多分声に出た)

言ったら、胸の上に乗っかっていたその猫が、ぴょん!ってベッドから飛び降りて去っていきました。

 

 

やっと、意識が完全に自分に戻って来て、さぁ考察。(これ好き)

 

 

何処の猫?

さっきの夢の中の古い家にいた猫を連れて来てしまったのか?

 

あ、それとも、、、

猫は、女性を現しているので、誰か私に会いたい人とかいたり??

妖怪の世界でも化け猫は女性で表現されますね。

今時は男性もあるかもだけど。笑

 

 

そうして、考察しておくと、

だいたい、その日の現実で答えが分かりますので、(意識の世界→現実世界構築)

その日を観察。

 

私の身体の方も、

猫が乗ってた胸の辺りが、まだ違和感、重いような?熱いような?

ドキドキするような?苦しいような?少女の恋みたいなような?笑

 

その時点で私は、多分これは、本物の猫ではなく、

女性のエネルギーだと分かっていたので、

多分、その人(まだ誰かは分かっていない)が来て、

私に会って、思いを果たしたら、この違和感はとれるだろうと読みました。

 

 

すると。。。。

その日は、朝から夜まで、

私に会いたいと(話したい)と思ってくれていた女性がなんと数人もいらっしゃいましたよ。

(自分で言うと、なんか変だけど、そう言われたのでね。笑)

 

 

そして、その数人と会ったら、私の胸にあった違和感は何も無くなっていましたとさ。

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

んも〜〜〜〜〜。

猫になってしまうまで、思いを溜めるのはやめるように〜。笑!

かわいらしいサイズの猫で良かったけど。

 

数年前にも、そんな事があって、そのときは、牛より大きな化け猫だった。笑!

私はその人からガードしてたけど、しきれなかったみたいで、

家の周りをウロウロ。ウロウロ。リアル夢。

でもその時は、UFOが現れて、UFOキャッチャーみたいに、

連れ去ってくれたんです。

 

うぁ〜!!

ありがとうございます〜♪

 

 

今回の、私の良かったこと。

大概、そういった夢と現実の境目で、感じたり見たり、金縛りにあったりすると、

「怖い」という思いが出ていたのだけど、今回は怖いスイッチの消し方をゲットしたこと。(ゲームか。笑)

だから、みんな、ありがとう。

 

 

笑^0^/

 

 

 

 

 

創造性の芽はいつ摘まれた?

ふと、誰の周波数をキャッチしたのか、(多分あ〜分かった!。笑)

創造性について、思い出した。

 

それにしても見えない世界、氣や心の世界は面白いなぁ。

こうやって、いろんな人が目に見えない波動、氣、周波数で繋がって影響し合っていて、それは、ちゃんと双方に意味、意義のあることでもあるということ。ただただ、生きているだけで影響しあい、見えない協力の元に、お互いが成長したり、氣づきが促されたりと。

 

また、あるがままの自分を目指す禮楽氣療講座の受講生たちと私は、その同じ周波数の中で、みんなが自分らしさをしっかりと手にするために日々生きている。それが回り回って、世の中の平和に繋がってゆくものでもある。ということ。(決して、大げさな話ではなく、人一人の影響は大きく広がっていくものです。)

 

 

人には、生まれ持った個性がある。

それは、誰と比べることも出来ないもの。

一人ひとりがスペシャルだから。

 

比べるということは、同じ土俵でやるもの。

育った環境も持って生まれた性質も違うのに、一体何を基準に比べるのか?

 

 

それは自分以外の誰かが作った、基準。

 

 

いわゆる社会は、そのように出来上がっている。

早い子は、お受験と呼ばれるもので、

作られた社会の基準に沿うように、沿うように、とそうしていくうちに自然と素敵な個性を失っていく。

 

 

誰の為の基準??

 

何の為の基準??

 

 

高度経済成長?欧米を追い越せ?

 

戦後の何十年、日本がそれをやってみて、何を得たのだろうか?

 

得たものもたくさんあると思う。

でも引き換えに、随分と大きな大切なものを失ったのでは無いだろうか?

 

 

ふと、そんな事が頭に過ぎった午後。

 

 

そういえば、

私の創造の芽は、いつ摘まれただろうか?

 

小学校のとき、小説を書くのが好きだったことを思い出す。

友人たちをキャストにして、オリジナルの脚本を書いて、発表会で、演劇をしたこともあったなぁ。

演技指導とかとして、自分も出演したり。

今で言う、二次創作の小説とかワクワクしながら書いていたことを急に思い出した。笑

 

 

とにかく、そういった創造、想像が好きだった子供時代を思い出した。

 

 

でも

中学に上がってからは、それをしなくなった。

想像は、良くないと思い、

創造は、金にならないと、どこかで言われたか、そう感じ取ったのか忘れたけれど、

いわゆる社会基準に沿わない人間は、認めてもらえない。

それは、困る。と思ったからだと思う。

 

 

社会に出ても対して役にたたなかった科目もみんなと同じに勉強して、

テストで良い点をとらないと、落第で。

ちょっとでも校則を破れば、ビンタに蹴り。(そういう時代だった。)

本当に、そういう大人が大嫌いだった。だってみんな嘘つきだから。

自分たちだって、作られた社会に疑問を持っているのに、

子供にも押し付けるから。という意味で。

 

絶対にそういう大人にはならないぞ!!

って思っていたけれど、大人になった今、実際どうだろうか?

 

自分に嘘はついていないだろうか?

 

自分に正直に生きることは、この社会では抵抗や偏見もあったりで

そう簡単なことではないのかもしれないけれど、

そう思っているうちは、難しいわけでね。笑

 

 

「思い」をしっかりと本来の自分の思いにシフトチェンジすると良いですね。

 

 

 

ちょっと、たわいのないお話でしたが、

ふと、思い出したことでした。

 

 

 

そんなことを書いていたら思い出しました。

2011年に書きかけた小説を去年に書き起こしたものがありました。

そして、また途中になっていたのを思い出しました。苦笑

時間があったら、また続きを書き起こしてみようかな。

http://www.highclass.red/2016/11/23/%E5%BA%8F%E7%AB%A0/

 

 

夏の思い出。(もう肌寒い北海道)

今週も店頭販売日が始まりました。

世の中は、お盆モードですね〜♪。

 

ご近所様のご家族が里帰りがてら今日も朝から寄って下さいました。

ありがたいなぁ〜、ありがとうございます。

 

今日で、宿泊のお客様も一段落。

来週からは、北海道のふるさとワーキングホリデーに参加されるカワイイ方が2週間ほど。

その後は、禮楽氣療の受講者さんが東京から☆。

 

お勉強を兼ねていらっしゃる受講者さんは、特別価格ですのでね。

よければ、もう秋みたいに肌寒い北海道に涼みにいらしてくださいね。(笑)

 

 

今週は、あめちゃんデーから始まりました。

室内犬は、まるで子供のように(永遠の2,3歳児)家族ですから、

ちゃんと、構っていないと、駄々をこねますからね〜。

 

仕事だ、仕事だ、忙しいんだから、言うこと聞いててね。

あめちゃんはいい子だから、言うことをちゃんと聞いてくれるけれど、

ただの世話だけだと、だんだん駄々っ子になってきますよ〜。笑

 

だから、時間があるときは、

一緒に遊んであげたり、同じ時間をちゃんと過ごしたり。

メリハリやってます。

 

月曜、水曜は、

富良野市と、中富良野町の市民、町民、講座(呼吸と氣)もあったり。

 

火曜は行きたかった、かなやま湖のいとうさんのいとう屋さんへ!

とても良い天気でした〜。カレーも美味しかった!!

 

 

そうそう、

先週は、海外からの宿泊の方が、調子が悪そうだったので、

ヒーリングをして、病院が開くのを待って連れて行ったり、

大して出来るわけでもない英語で通訳したり。笑

一緒にいるだけでも安心だろうと思って、病院で付き添い人に。

 

お陰ですっかり元気になって、

たくさん旅の思い出を作って無事に帰られました。

 

 

蒸し暑かった、長距離運転、水飲んでない、疲労、

それらが内蔵を弱らせてしまったようです。

大したことなくて良かった。

 

慌てない騒がない。冷静に判断して、出来ることをする。

看護師の母に育ててもらって、そういったことが身についたでしょうか。笑

ありがとうございます。

 

 

今日で、ひとまずairbnbは休憩ですが、

いや〜本当に楽しかった。

いろんな国の人との出会い。自分が行けなくても行った気分。

 

アジア諸国も、中国、台湾くらいしか行ったことがないけれど、

いろんな国が近くなりました。

 

そして、あの国の人ってこんな人とか、

そういったイメージがあったけれど、それは、間違っているね。

 

あの国と、一括りには全く出来ないもの。

一人ひとりの個性が素敵で素晴らしい。

 

 

良い夏の思い出が出来ました。

ありがとうございます。

 

と、もう寒いんですね、北海道は。笑

秋がもうやってきそうな予感。

北海道の夏は短いですから。。

 

薪割り、どんどんやらないと〜!!

 

 

この薪は去年の、もちろん、もう無いよ。。。

薪

 

自然栽培野菜。

自然栽培野菜

 

まさか、自分がね。

畑で野菜の収穫をするとは思っていなかったよね。

 

都会のど真ん中で、暮らしていて土を見る機会も少なくて、

でも食べ物のことは氣にしていたから、

 

東京に住んでいた時は、

オーガニックだ〜有機野菜だ〜そして自然栽培の無肥料無農薬に行き着いて、

しばらくお取り寄せ野菜をしていました。

 

そのうち、食べ物や食べること自体に執着しそうな自分に氣づいて、

今度は、食べるのもやめて、氣で生きると言い出して、

ほとんど食べなくなった。笑

 

 

両極を知って、真ん中へ戻る。

 

 

これ、いつの時代も私の定番の生き方。
 

だから、究極にジャンキーな物も若い時は食べていたし、

その反対側のベジタリアン→食べない。氣で生きるもやった。

 

 

そして、今戻ったその両極の真ん中は、

心との対話だったり、(食べたい物は心に聞く)

いただいたものは、神様からの贈りもの。という気持ちだったりを

良い感じで真ん中でやっています。

時々、ジャンキーもあるし、時々食べない。もある。(笑)

 

頭で考えるとろくなことがないのでね。

例えば、3食しっかり、30品目絶対とかノーノーノーだし、

または、肉は動物だからとか、波動が荒いとか、事実だけど、

今の私には、やっぱりノーノーノー。

 

いろいろやってきて、見つけた自分なりの究極論だけども、

息吸って生きているだけで、動物も植物も取り込んでいるのと同じだから。

良いも悪いもない。それは勝手に人間が頭で考えたこと(左脳)

 

 

そして写真は、今年の畑から採れた野菜たち。

まだ他にもトマトとか、かぼちゃなども(これからかな?)

 

楽しみにしていた茄子は、動物達が食べてしまった模様。。笑

かろうじて1つ私達にも残してくれたよ。(誰じゃ。笑)

 

自然栽培という名の、放置畑だからね。

農薬などは、全くなし。虫と動物たちと分け合う畑。笑

 

いやほんと、野菜の味が濃いのね。

畑もず〜っと、農薬なんてものとは無縁なので肥料もあげてないし。

 

草刈りも7月の暑さで、追いつかなくなって(毎年だけど 。。。)

周りの農家さんにだけは出来るだけ迷惑をかけないように、

敷地の周りだけは、草刈り頑張ります。(でも追いつかなかった今年。ごめん笑)

 

こんな感じの自然栽培のセット、お届けしてほしい人いるかな?

送料は、年々上がるけれど、

中富良野から運んでもらって(ペコリ)ありがたいことです。

 

自分で取りに行くのは、時間もお金もかかるから、

田舎にいると、配達の方のありがたみが心のしみますね。

(いつもおパンもお届けしていただきありがとうございます。)

田舎に住んでいても私のような刺激を愛する(数秘5)人間は、

インターネットと宅配があるから生きていけるようものかもしれない。苦笑

田舎は何でもすぐに手に入らないから、適度に節制、自制も入るし。考えるし。フムフム

 

 

さぁて、今日もじゃがいと玉葱も収穫しよう。

(ほったらかし玉葱は、小さいです。栄養を他の草と共有してました...)

周りの玉葱畑には、草一本も生えてないもんね。

※玉葱が一番、農薬を使う作物と聞きました。

 

うちは、完全放置。笑

いわゆる、自然栽培さ〜って、勝手に思っています。笑

 

魂軸、自分軸。ダウンシフトね。

 

 

どこか、関東のお寺で撮った写真。

何番札所だったかなぁと記憶は曖昧に。

 

 

今日は、木曜日。

2011年末に、中富良野という人口5500弱の町、

いわゆる田舎に移住して、え、6年目?はっ早っ!

 

移住前の3年は、10日ごとに移動していました。

東京、旭川、札幌にサロンがあったので、

1ヶ月に3箇所の場所に居て、講師業や施術をしている。

仕事が趣味みたいなものですから、好きでやっておりましたのでね。

何も問題はありませんでしたが。

 

そろそろゆっくりと〜なんて思い始めたのが、

2010年の末あたり。

だから、生き急がず、ガツガツ前へ進むでもなく、

自分の「流れ」に乗ってみることにした。

 

 

流れ着いた中富良野で、いろいろあって今があるけれど、

5年間の間で、私は何か変わっただろうか?

いわゆる田舎暮らしを満喫している?

 

 

確かに、都会と田舎の時間の流れは違います。

けれど、田舎は田舎で忙しいのが現状。

 

店頭営業日が、3日しかないと、

遊んでいると思われたり、罪意識を持たされたり?笑

 

実際は、店頭休業日の方がやること満載なんですけどもね。

 

 

社会に関わらず、人里離れたところで自給自足の生活をしていたら、

それは田舎暮らしを満喫している。と言えるかもしれない。

 

 

でも私にはそこまでの思い(田舎ぐらしを満喫)、は無いようです。

 

自給自足は、良いけれど、全てをそうしてしまったら、

全てが自己完結。別段、人との関わりも必要なくなる。

 

私はそれが好きなタイプでもないなぁ。

 

 

最近知った、ダウンシフトっていう言葉。

生き方のシフトを一段下げて生きよう。っていう意味で使われているのだけれど、

 

なるほどね、

それなら、いいね。

 

 

競争社会はまっぴらごめん。(競争社会は都会も田舎も同じ。)

身の丈で、足るを知って、愛と感謝と豊かさを知って生きる。

 

それがピッタリ。

 

 

今まで、なんでもお金や人に頼むしかなかったことを

自分で出来るようになるのは、いいじゃない。

 

身体と頭をつかって、こうじゃなきゃだめ。なんてないのだから、

自由に誰と比べることもなく自分らしくね。

 

 

働きすぎって、世界から言われる日本人。

働かざるもの食うべからず。なんて言われて育ったけれど、

現代社会、その裏で、ストレス、病気、鬱や自殺も増えている。

バラマキ外交で何億も世界へ出すそのお金は、日本人が汗水垂らして働いた税金。

日本は、福祉、養育、年金、困っている人も多いのでは?。

年金が株取引に利用されて、失敗して、無いもの払えないから受給年齢がどんどん上がって。

 

 

温厚な日本人。

 

 

って、いうかとりあえず目を覚まそうよ日本人。

目の前の現実を冷静にメディアに踊らされずに、

自分の目でみて自分の頭で考えて、自分の心に従おうよ。

 

 

日本人からそれ↑をなくしてしまった教育(GHQ)。

もうその教育を受けていない日本人がいない時代。

 

 

私は高校生のときに思ったことがあって、

大人たちがかけてくる洗脳ワード「こうあるべき」に従わず、

その反対のことをすれば、うまくいく。と。

 

全部が全部、合っていたわけではないけれど、

80%くらいは、そうして良かったと思っています。

そのお陰で、80%は魂レベルで生きてこれたわけだから。

 

残りの20%は、まだまだ揺らぐ。

20%でも揺らぐのに、もしも100%それを信じて生きてきたら、

自分の信じてきた100%を覆すようなことが、必然的に世の中に起きたら、

どうなっちゃうんだろう?

 

 

なるようになる。

それが日本人の特徴なのかな。

 

それって、

私のような茨の道を選んで進むより、良かったりして。笑

 

 

私には、社会を変えてやる!

そのような熱い思いはありませんが、

一人ひとりが、自分の生き方を見つめていこうよ。って言いながら、

草の根で変化を起こすことの方が向いているような氣がします。

 

 

なんて、今日は洗濯をしながら、物思いに耽る時間をもらいました。

文章が支離滅裂。笑〜!

 

最後までお付き合いいただいてしまった方、すみません。^^;;

 

 

いつもありがとうね。

ping送信先が原因だったようです。。

このブログも10年以上続けているわけですが、

 

いつの日からか(数ヶ月)、記事をあげてもエラーが出てしまって、

なんでかな〜と思っていたのですが、

 

 

今日やっと、理由が分かりました。

 

 

そのエラー続きのお陰で、

昨日、記事を書くことについて一つ決めたことがあったのですが、

その氣づきと決断(まだ行動しかけたところ)がきたら、

 

 

今日やっと、急に理由がわかりました。

 

 

急にだよ。

 

 

んも〜、なんでやねん!

んも〜、とかなんかともがいていたのに。

 

一つの氣づきを得たら、答えが降りてきた。

本当に急に。

 

 

その理由は、ping送信先の設定にあったようでした。

 

10年以上前に設定したままになっていたいくつかの送信先。

その送信元のサービスが終わっていたりすると、

「ない」ところに送り続けてた私の記事は、スパム扱いされる可能性が。笑!

 

 

どおりで、検索に上がらないわけだ。

上がらないどころか、どう探しても出てこない状態になってた。笑!

(見つけて読んでくれていた方がきたら、それはもう奇跡です。)

 

10年も経てば、

インターネットの世界はどんどん進んでいますのでね、

すぐに浦島太郎ですよ。

 

あぁ〜スッキリした!!

 

 

氣づいたこと、ちゃんと行動に繋げよう。

 

うまくいかないことには、ちゃんと理由があるものですね。

 

 

ありがとう〜。

 

 

いつも誰かが教えてくれるというより、上から答えが降ってくるけれど、

それって、時間がかかるよね。

 

ねね、誰か教えて〜〜〜笑!

 

パイプを

 

オーストラリアからのゲストさんからいただいたTimTam.

ココナッツとアイスの味。これは、日本では売ってないよ。

うわお〜超美味でした!ありがとうございました。

 

airbnbを始めて、いろんな方々が海外から来てくれて、まるで自分たちが旅行気分。

足はどっぷり中富良野ですけどね。笑

 

7月も終わって、お花シーズンは終わりの中富良野。

観光ターゲットが、お花ですと、観光シーズンが短いですね。

しかもお花と言って有名なラベンダーは、ファーム富田さんですから。

 

え、他は??

ってなるのは、それは寂しいですね〜。

 

 

でも中富良野の観光協会さんも頑張っていますよ。

秋にサイクリングのイベントを昨年も開催して、好評でしたね。

 

東川町のように、やり方によっては、発展する可能性を秘めている町だと私は思っています。

議員さんは、農業ありきの中富良野。とおっしゃっていましたが、

この町に住んでいるのは、農業者だけではないので、

商業、観光も、力を入れても良いと思います。

 

東川町は、役場の方々が積極的に動いてくれている。

そんな風に伺いました。

 

 

中富良野町の人口は、高齢化が進んでいて、(60%以上多分、もっと)

農業も跡継ぎさんがいらっしゃらないという話も聞きます。

 

 

都会には、人口が溢れています。

田舎暮らしにも憧れているのです。

でもみんなの心配事は、仕事なのです。

 

みんながみんが農業が出来るわけでもないし、

昔に比べて農地の拡大が進んでいるので、

中富良野には宅地が異様に少ないという現状もあります。

 

 

ピースガーデンがあるこの場所も、

周りは見渡す限り、畑や田んぼですが、

なんと以前は30軒以上のお家があったそうです!!

(ものすごく驚いた!!)

 

 

空き家もありますが、かなり古い。

そのまま使えるような空き家はあまりないのが現状だから、

そんなとき、役場と町の人がタッグを組んで、いろいろ出来るといいのにね。

なんて思うこともあります。

 

人口が減っていくことは、少子化だけが原因ではないと思います。

子供がいても、このままの町では都会に出ていきたいと思ってしまうのでは?

なんて思うから、魅力的な町になっていくといいですね。

 

そんな中で、

この町にご縁をいただいた私に出来ることは何かな?なんて考えておりまして、

 

出来る範囲で、町との関わりを持つようにしています。

これは、先日、中富良野観光協会のビールパーティーで、

当たったメロン!!

 

大き〜〜〜〜〜〜〜い!!

 

サヤカセンセが、毎年メロン当てるよね〜って言ってた。笑

そうだったかな?あ、去年は近所の小学校のビールパーティーで当たった!!

 

 

 

ピースガーデンも協力させてもらっていて、

くじの景品で、パンのセットをね寄付させてもらいました。

 

ビックメロン、食べごろは、今週末くらいかなぁ?

まだ少し硬そうだから、きっとそう。

ランチのデザートに使ってみようかしら♪

 

 

食べにおいで〜♪笑

 

 

KUMOから始まる氣づき「求めない、そうすれば目の前の幸せに氣づく」

 

現実は、点と点が繋がって線になっていく。

 

しかし、その点の一つ一つを丁寧に大切に扱わなければ、

 

線という現実はかなり薄いものになるでしょう。

 

 

 

一つ一つの点である、日常にある些細な出来事に、

感謝して、次の行動に繋げていく。

 

 

 

そんな点と点が一つの線になることの1つの出来事。

 

 

その日は、

とあるお客様が、蜘蛛を見て、KUMOと呟いていたのを聞きました。

そして神棚の上にある「雲」の文字を見て、またKUMOと呟きました。

 

 

神棚の上にある「雲」2Fがあるけれど、ここは一番高い場所でございます。

というお知らせの為のもの。そんな説明をして、

午後また別のお客様がいらして、「バシャール」熟読されていた。

 

 

 

今日はなんだか、神さまとか、宇宙人とか、ワクワクとか、

いろいろメッセージ来ているなぁと感じていたのですが、

 

 

 

その数日前から、私に来ていた砂川市(北海道)に行くイメージ。

なんだろう?左脳は用事を思いつきませんが、右脳が何度も受取るイメージ。

 

 

 

月曜日の休日。晴れたらあめちゃんを海に連れて行ってあげたいと思っていたけれど、

前日くらいに見た天気予報では晴れだったのに、雨になっていた。

 

 

ん〜どうしようか。

と、そのイメージを思い出し、右脳という宇宙と繋がった「私」の思いのままに

砂川へ。行ったことがあるのはコメリか、北菓楼本店。

 

 

甘いものがそんなに得意ではない私は、シュークリームが苦手。

でも北菓楼のピスコッティは、その昔販売当時のことですが従兄弟が買ってきてくれて、

その嬉しさと自分が食べれた衝撃が残っています。

今日はそれを買いに行ってみようと思いました。

 

 

着いてみて、たまにはカフェでお茶をすることに。

 

 

注文したものが届くまで、ふと手にとった雑誌。Casa BRUTUS。私の好きな雑誌でもあります。

本屋の特集でした。とっても面白くって、マジマジと読んでブックカフェは良いよね〜。

 

 

とワクワク良い発見があったわ!と感じ、もっとじっくり読んでみようと、

正午には家に戻って(砂川までは中富良野から1時間程度)、

Amazon で同じ本を検索。

 

 

検索すると、関連本が出てきて、ジャンルの違う別のものに目が止まる。

 

 

 

そこに、ここ数ヶ月の答えがありました。

ひょっとすると、数年と言っても良いかもしれません。

 

 

 

 

「私は中富良野で何をしているのか?」

 

 

 

 

富良野が好きで移住したのですか?とよく聞かれますが、

今では素晴らしい場所と思っていますが、はじめはそうではありませんでした。

 

 

 

 

 

「流れに任せる」「心、魂の望むがままに」

そう生きると決めた2010年後半。

その自分の流れを心で読んで、2011年に3月9日に北海道に戻ると、

11日に震災が起きて、私のその時の流れは北海道に戻るという方向へ。

 

 

 

「求めない」

そんな生き方をさらに突き詰めて、求められたら動くことにしたら、

中富良野に呼ばれた。それが移住のきっかけ。

 

 

その前に、バイトをお願いされて「求められたので」それに応じたら、

そこで、サヤカセンセと出会った。

 

 

 

そのあとは、「求められること」には、神様級のものと、人間級のものがあって、

応じるべきことは、神様級のことではないと、自分の魂の望みとは離れてしまうことも理解した。

 

 

 

移住して6年目。

そうやって、流れのままにピースガーデンに今いるわけですが、

 

 

でも時々、左脳が余計なことを言うわけですよ。

「で、私は中富良野で何してんの?」と。笑

 

 

 

その思考のループが始まって、それを現実に落とし込んでいくと、

何が起きるかというと、何もかもうまくいかない。という現実が待っています。笑

 

 

でも、また魂のレールに戻ると、何もかもうまくいくんです。笑

 

 

 

世の中が、いわゆる社会の95%くらいは、左脳ベースですから、

その95%の意識で人間が右往左往しています。

ストレスの根本の原因を突き詰めようともせず、せっせとストレスを抱えてしまうような行動を課されています。

私たちは、自分で考えることができる動物なのに。

 

 

 

私だって、そこ出身ですので、

せっかく魂ベースになっても、周りの影響は大きく受けます。

そうならない為の瞑想だったり、呼吸法だったりしますね。笑

行ったり、来たりしながらも、それぞれが、それぞれの魂ベースに乗っかれれば良いと思います。

 

 

 

 

そんな中、見つけた答えというのは、

魂ベースの流れに乗って生きていれば、全てがうまくいくということを体現するためにここにいるのだ。

右脳で腹落ちした答えだったので、あえて左脳を使って言葉にするとなんだか、ちょっと違うような氣もするのですが、だいたいそんな感じです。

 

 

 

 

そして、夕方に、ご飯を食べていたら、

蜘蛛が、巣をせっせと作っていました。

 

 

 

 

蜘蛛の巣は、はじめは風まかせで一本目を出して、

その後、設計図も無いのに、ただひたすらせっせと美しい見事な形を作っていきます。

彼等に全体像が見えているわけもなく、また美しいものをあえて作ろうとしているわけでもなく、

 

 

外側にいる私たちが見てはじめて、

美しい形になっているのが分かるわけですよね。

 

 

 

激しい雨や風が吹いてそれが壊れても、ただひたすらにまた新しい形状を作り出す。

ただそれだけのこと。

 

 

 

そんなただそれだけのことが、なぜ人間には出来ないのでしょうか。

 

 

 

また蜘蛛という彼等が、設計図もないのに、なぜあのような美しい形状を作り出すことが出来るのか。

 

 

 

それは、まさしく先程私が言った「魂ベース」で生きているからです。

 

 

魂ベースというのは、完全なる自然との調和のこと。

 

 

そうすれば、美しいものをあえて作ろうとしなくても

氣づいたときには、美しいものが出来上がっている。ということ。

本人は、それに氣づいていなく、また氣づく必要もないということ。

 

 

 

 

お客さまが、呟いた「KUMO」という言葉の点がここまで繋がりました。

ありがとう。

 

 

 

そして、人間的な私の氣づきでは、

何してるんだろうな〜中富良野で。。と思ったけれど、

 

 

出てきた検索本がね、シンプルライフ、スローライフ的なことで、

自分で小屋を立てた人の本とか、自給自足的な本だったり、だったのだけど、

 

 

それを見て氣づいたのが、あれ、これ全部私もうすでにやってるな。と。笑

 

 

 

人目線で、自分の蜘蛛の巣を見た気分になって、可笑しくなりました。

 

 

 

 

 

最後に、

「求めない、そうすれば目の前の幸せに氣づく」

 

 

 

そんな言葉で締めくくりたいと思います。

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

雨乞い?

お天気続きの中富良野。

昨日は、農家さんたちのスプリンクラーもついに動いていました。

 

お天道さまも大事(陽)ですが、雨(陰)も大事。

何事も、陰陽のバランスが必要。

 

今朝は、朝のまどろみの中、

ぽや〜っと、”あぁ〜そろそろ恵みの雨が欲しいよね。畑を湿らせる程度でも良いから雨が降ったら嬉しいなぁ。少し降ったら、水やり作業も少し楽になるなぁ”

 

って思ったら、数秒後に、ポツポツポツ。。と屋根に雨が当たる音が。

え?本当に降ってきた。

 

え、氣のせい?

 

その雨が、一瞬、だーって畑を湿らせて、そして止んだ。

 

 

雨が、本当に畑を湿らせる程度、水やりをしなくてもよい程合いに、降って止んだ。

 

 

しかもまどろみ中、思ったイメージが、

自分のところの畑を入れて、半径数キロだったので、

雨が止んで、まどろみから覚めて、飛び起きてカーテンを開けてみた。

 

うわ、向こう側晴れてる。

やっぱり、半径数キロ内かもしれない。

 

あまりのタイミングの良さと、ありがたさに、

まどろみから一氣に覚めてしまいました。

 

 

起きて考察。

これは、雨が降るのを予知して、その思考に繋がったのか?

ただ、降る前から、雨にハァハァ言うアメリは静かだった。

 

確かに、まどろみ状態や深い瞑想状態の意識になると、

天候を操ることは可能。

 

昔からそういう人はいるし、雨乞いだって昔の日本人は当たり前のことだったし、

実際には、天候と意識、地球の意識は人間の意識と一体ですので。

 

 

では、いま世界中で起きているこの地球の天候のあれ具合は、

地球の変革、人間の変革と繋がっているのでしょう。

 

地球が変わるなら、そこに住む私たちも変わらなければ行きにくい。

いつまでも大昔の月人や火星人のように、地球に住み続けることは出来ない。

 

たしかに、天候を変える兵器も存在しているし、

北京オリンピックのときは、雨を散らしてしたことは知られているし、

人工的なことかもしれない。

 

でもその人工的なものも、はじめは人の意識から始まっているもの。

その意識はどこから来ているのか、

周波数はどことつながっているのか、

地球かもしれないし、違う星かもしれないし、

 

 

久々に、意識との共鳴を感じて、

日々のちょっとしたことを反省もして、

良い朝を迎えました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

と、書き終えたら、また降ってきた。(天気予報はいつ変わったの??)

このタイミングにも何か意味がありそうで、面白いね。

airbnb パン屋の日常

 

写真は、今airbnbで貸し出し中の一部屋。

この場所も考えてみたら、自分たちで作ったんだった。

 

もう過去の記憶がどんどん忘れ去られていきますね。笑

壁塗りを手伝ってくれたり、その前に解体を手伝ってもらったり、

ほぼ女子力で出来上がっているピースガーデンですね。

私は、そのお陰で胸板が厚くなりました。笑

 

 

8月中旬からは、ふるさとワーキングホリデーで北海道に来る方の

滞在先(受け入れ先)にもなっているので、2週間ほど、そしてその後東京からの生徒さんがいらっしゃるので9月上旬まではほぼ予約は埋まっている感じですね☆。

 

 

別棟!別棟!別棟!

そう鳴り響く心の声。筋肉と時間との相談です.笑

いやいや資金もでした。苦笑

 

 

7月は、角波商店のミホちゃんにカフェを金曜、土曜とお店に出てもらっていましたが、8月からは金曜のみ出てもらえることが決定。私は土日担当。平日は役場関係、銀行関係、などなど開いていますので動けますね。

 

2週間、滞在の方がいるので、私の仲居業も少し楽になるかしら。笑

1泊利用でairbnbを出しているので、シーツとかタオルとか、毎日取り替えて洗濯必須なのでね。

 

今は5時から具たくさん野菜スープとサラダ数種を作って(時折テイクアウト用にサンド)、

モーニングと宿泊者の為の朝ご飯の準備。

10時にミホちゃんが来るまでは、モーニング提供とカフェとランチの仕込み準備。
10時からは、仲居業。シーツ取り替えて洗濯して〜掃除して〜次の方の準備。

そんな夏の日々。

 

そして、今日は寒い。

秋ですかもう?

 

北海道の夏は短いよね〜。

 

秋は、学びの秋。

さぁ、呼吸法、瞑想法、禮楽氣療講座、現代レイキ法、

私の時間が刻々と近づいている!!(笑)

ワクワクです!!

 

 

人生、一生勉強!!

 

 

せっかく学ぶなら、

一生、役にたつものを。

日常生活で、本当に役に立つものを。

 

 

本当に楽しいよ!!

 

 

 

 

 

•2017.5@山口県 禮楽氣療講座
•2017.5@東京瞑想講座開催
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube