東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
魂の輝ける場所に

ご近所さん周りをしていて、
どうして中富良野?って言われまして、

考えてみたけれど、

個人的な理由がないことに気がついた。笑

この場所に、上(宙)から呼ばれてきた。
それが大きな理由です。

目の前に来た流れに乗ってみた。
そんな理由です。笑


よ〜く考えてみれば不便な点も多いのですが、でも全てがうまく繋がっています。
例えば、私は車を持っていないので、旭川へ戻る時はバスかJRなはずですが、戻る用事が出来たとき、電話がなります。
「これから仕事で旭川へ行くけど、乗ってく?」と。
ナイスタイミング!しかも運転手は(高速)プロドライバー!笑

買い出しに行きたいけど、遠いな〜って思っていたら、
また電話がなって、「今、スーパーにいるけどなんかいる?」と。

まだキッチンが無い頃、お腹がすいたな〜って思っていたら、
「お弁当買って来たよ〜」
わ♡
といった感じです。


私はここにいて、私に与えられた事をやっていられる。


またある日、でもやっぱり車がないと不便だな〜と感じていたら、
長期出張だからといって、G君が車を貸してくれました。



宇宙に与えられた仕事をしているって、とても幸せです。


そんな幸せをみんなが味わえる様に、
この場所から、発信するのが私の与えられたお仕事かなと思っております。



魂の輝ける場所に、なりますように♪



合掌


一人ひとりがスペシャル
イグアスの滝

何者でもなく

何者である必要もなく

ただそこに在ればいい


一人ひとりがスペシャル


スペシャルなことが続いております。
只今、少々、近所に出張中です。


一人ひとりがスペシャルで、
スペシャルとスペシャルが手をとったら、
めちゃめちゃスペシャルに?。笑


私は今、出来ることをただ、ただ、やるのみ。


私に出来ること

それは

与えられた今日に感謝しながら

今を生きること


今この瞬間にフォーカス


ありがとう


全ては完璧なタイミング

自分の意志とは別に
 

今日は頑張って、自分の意志でブログを書いてみよう。

???

と言っても誰かに頼んで書いてもらっているわけではなく。
まずテーマが浮かぶので、それをタイトルに書き込み、
それから内容を書き始めるのですが、
途中から自分の意志とは違った方向へ一人歩きして行ってしまいます。

そこまでくると、自分の意志を文章に書く事ができなくなり、
手が勝手にパソコンを打ち始めてる。

昨日のブログも始めは、「TVの電波と人間アンテナ」
みたいな内容を自分では書こうと思って書き始めたのに、
結局、最後はテーマが変わっているので、
タイトルを書き変える事になりました。
それは毎回の話...。笑

感じるのは、私が書いているようで私は書いてない。
偉そう〜な事書いてるけれど、自分はちゃんとやれているかといえば...?。
努力はしてても私やれてます!!!なんて胸は張れないし。苦笑

自分の意志が優先されない...。笑
まぁ、たいした事考えてないからいいけども。

それに自動操縦的な生き方っていうのもおもしろいかもね。
※実は結構、それを楽しんでます。笑


Thank you ↑
点と点を結べば線になる
クスコ マラス塩田 


点と点を結べば線になる

必然的な現実という一つの点が

一つ一つ連なりそれはいつか人生という線になる

振り返る事無く前へ進もう

「今」というこの点をしっかり書かなければ

線はとぎれとぎれになってしまう

もろい線よりは太い線の方が

きっと楽しいと思う


喪が明けたの?
カイロ

 昨日、久々に4つも記事を書いていました。
溢れる様に文章が出て来て止まらなかったようです。笑
書き終えて、なんだか心地よい疲れと安堵感。
なんだこの感じは?

何か一つ大きなものをやり終えたような?
感覚、波動。(見えない感覚を文章にするのは難しい。)
そしてこの感覚は自分だけのものではなくて、
何か、仕組み(宇宙)の中で何か変化が起きたのかな?


宇宙を表す数字
そんなことを考えるとき、必ず見るのが日付。数字です。
数字は感情のない純粋な宇宙エネルギーを表現できるので、
見える世界で見えない世界を感じたい時は必須アイテムです。


そして、思い出しました。

昨年の昨日、私はスペインで、とある事件(個人的な)をきっかけに
自我の崩壊があったんだ!と。

昨日も書きましたが、弱い自分を強くしていって何かをつかんだと思ったら、
宇宙がそれすらも手放せと要求してきた。

まさにその宇宙から要求された日というのは、昨年の10月14日でした。
ガラガラと音を立てて、自我が崩壊して行くのを
私は心の中で観察していたのを覚えています。
その時のいたと思っていた自分が無くなって空っぽになってしまったのです。

あの事件の発端は、不可解な出来事だったし、
どう考えてもなぜそうなったのか理解ができなくて、
とりあえず神仕組み。ってことにしておいたのですが、笑
ここへきて一年がたってやっぱり
神仕組みだったことが証明されたようです。


やってくれるわ〜ホント。宇宙さんって。
人間って、やっぱり小さいわと、改めて思う。


要するに、私はこう解釈します。
昨年の昨日、自我の崩壊があって、
崩壊というのは、自我の死の事ですから、
この一年は喪に服していた。
(この一年はいろいろあったもので)

まぁ、この先どのように変化して行くのか、
それも神(宇宙)のみぞ知る、なので、私にはわかりませんが。笑

私の父が亡くなったとき、
家は神道で葬祭(葬式)をさせてもらったので、
50日祭(49日)、一年祭(一周忌)とありましたが、
昨日の感覚は、その一年祭(一周忌)の時と同じでした。

50日までは、全く何も新しいことは出来ませんでした。
父のエネルギーはまだ上に上がっていなかったし、(それは当然ですが。)
そして、一年が過ぎたその日、ようやく再スタートをきってもよい!
そんなエネルギーの変化を感じたのを覚えています。

今は、49日や一周忌などを大切にしない人も多い、
と聞いたことがありますが(本当かどうかはわからないけれど)
大切にしてはいるけど、形式ばかりにとらわれ、
霊、波動という観点で、亡くなった人を上に上げる事が
できないことが多いという話はききます。
いやいや〜大事にした方がいいですよ。亡くなった人の為だけじゃなく
生きている人にも関係がありますから。

話は戻って、
同じ様な神仕組みは、何度も経験しているのに、
忘れちゃうんですよね。笑

8年前程前だったでしょうか。私がすっかり落ち込んでいたときに
犬が家に来ました。彼は慰め癒してくれましたが、
私が元気になってさぁ再スタートしてみよう!そう思ったとき
目の前で事故で亡くなりました。彼の死に相当ショックを受けましたが、
このままではいけない!彼の死をムダにしないぞ!
そう誓って一念発起した私ですが、日付を見て驚きました。
彼がやってきたその日と亡くなった日が、一年後の同じ日だったのです。
彼は天使だったと思います。


その後も不思議な組み合わせがいろいろと続くので、
さすがにこれは人知を超えてる...理解不能。。。笑
と思わざるをえないわけです。

それが繰り返されてくると、だんだん訓練されてきて、
目の前に起きていることが、どの、エネルギーレベル、
どの神階レベルで起きている現象なのかな?
という事が見えてくるんですね。

どれもムダの無い大事なエネルギーですが、
これは、エゴレベル、動物界からだから、ほどほどに、、とか
これは、魂の成長の為に必要なネルギーレベルだから、嫌でもやらなければいけない。
などと、自分の行動にも影響がでてきます。


さまざまな段階
日本には、八百万の神がいると言われていますが、
いわゆる、3次元(今の現実)を超えた
見えない世界は、幽界やら、4次元、5次元〜と様々な段階があって
現象界に影響を及ぼすのは、その見えない世界があってのことだと言われています。

こうしている間にも、幽界からの使者が人間を使ったのでしょう。
私のことも書いてね。というエネルギーを感じました。
しょうがないわね〜(笑)と、上の内容を付け足しました。

その人のエネルギーをみれば、
どこのエネルギーと繋がっているんだなというのも
感じるようになっていたのですが、何せ確証のないことですし、
自分はどうなのよ??という思いもあるし、
良い悪いとか、ジャッチに繋がってしまうのは嫌だったので、
エネルギーで人を見るのは、本当に必要な時だけにしています。
良い悪いもなく、判断する事もなく、感情をつける事なく
ただ事実をみるだけなら良いかと思います。



そして、今日も筆がとまらない。笑


感覚磨きの方法そのひとつ
参考になりそうな事をひとつ。
見えない世界の感覚を3次元で感じ取りたい人は、
何かを感じたりした時は、
:例えば、耳鳴り、身体の感覚の変化、誰かの顔が浮かんだ。
いつもと違う感覚、などなど

日付と時間をチェックしましょう。
あとで、検証して確認できることも多いので、
書く事をお勧めします。(すぐ忘れるから)


たとえば、
「うっ急に頭が重くなった〜くるしい〜〜」と感じたとします。
そしたら、その感覚を覚えておきながら、さっと、時計と日付のチェック。
そのうち、同じ様な感覚があったりします。また、時計と日付のチェック。

そうしているうちに、
そのエネルギーの感覚をしっかり身体で覚えていきます。
数字との関連性があることも見つかると思います。
パターンを見つける事もあるでしょう。

根気が必要ですが、続けていると、
ある人から連絡が入ったとき、または会いに来るとき、
必ずその感覚になる。ということに気づく様になります。

例えばその感覚を使って、
私の所に来る人がいまどの辺にいるか分かります。
今、駅から歩いているわ。だからあと五分でチャイムがなるな。
というのがわかるようになったりもします。

実用性があるかどうかはわかりませんが。笑


確実にして行く為には、根気と練習が必要だと思います。
人間は妄想する生き物なので、あいまいな感覚を確実だと思い込み
自分の都合の良い様に解釈してしまうので。。。笑
(エゴが惑わし、マヤカシに繋がります。)

心の病気の勉強







スピリチュアル批判
いつだったか、ネットサーフィンをしていたら、
スピリチュアル批判のサイトにぶつかりました。笑

そのサイトにはこう書いてありました。
スピリチュアルにはまる人は、実際、心が病んでいて、
ただたんに、精神科やカウンセリングに行きたくないだけだ。
要するに、自分と向き合う事から逃げているだけ。

本気で自分を変えたい人は、「スピ」という「逃げ道」にはいかない。
ハッピーハッピーって、そんな甘いもんじゃないと思う。
自分は病気だ、おかしいと認めれば楽になるのに。
と。書いてありました。

キビシイお言葉。でもまったく事実ではないとも言えない。
とまぁ、大事なのはこれが事実かどうかを
論じるのではなくここから自分が何を感じるか。
ただそれだけでいいと思います。


知識不足だと迷います。
なにはともあれ、
レイキの世界でも診断はしてはいけませんが、
もっと心の病気の勉強も必要だと感じます。


私自身のお勉強法は、本を読む事ももちろんですが、
実体験が主です。笑(実体験→検証)
自分のおかしさを中学のときから自認していて、
(臨死体験などと同時期)
中学時代の愛読書は、加藤諦三さんの本〜。
(高校に入ったら、読むだけじゃ変われない!
必要なのは行動だ!と奮起。笑)
周りの人たちに理解してもらえないものを
見たり感じたり考えたりするもので、
どうにも周りに合わせられなくてとても苦しかったです。
病院に行けばなんとかなるかと思い(中学生ですから。笑)
精神科に連れて行ってくれと言った事もありました。
結局、まともに請け合ってもらえませんでしたが、
今になって思えば、行かなくて良かったです。
「とりあえず君、分裂病ね。」
(今で言う統合失調症。言われなくても自認してた)
「はい薬。」
で中毒。となっていたことでしょう...

その後も躁鬱を繰り返し、感情が揺れる中でもがき。
(それでも社会ではなんとか生きていた。)
そんな自分だから、
周りの恋人友人たちも、病んでる人が多かったです。
社会不適合、躁鬱、脅迫性障害、薬物依存、神経症
精神科通院、カウンセリング、催眠療法、パニック症、暴力、
自殺未遂、共依存、睡眠薬多量摂取、アルコール中毒...
挙げたらきりなく。書けない事もアル。
自分や近い人みんなで、それら一通り経験したと思う。
当時の友人、数人、先に天国に行ったし。


唯一誇れる?ことは、
おかしい面々で、若さもプラスされて
みんな自分をコントロール不能だったけど、
芸術面でのセンスは抜群だったのは、みんなに共通してることでした。
とはいえ社会に適合するのは難しいわけです。

20代真ん中頃、
いい加減、上がったり下がったり激しい自分に疲れて、
なんとか真ん中で生きる方法はないものかと思っていました。
そんな中でも書く事だけが唯一、自分を落ち着かせることだったので、
それは続けていたのですが、ある日気づくんですね。
あれ、精神状態と月の満ち欠けが同調してる。と。


おや?と思いましたね〜
これはなんだか、自分だけの問題ではないのでは?
社会には同調できてなくても月の動きには同調してるの?。
(社会って何?同じでいることを強要するのって、社会には都合がいいわね。)
もっと、何かヒントになるものはないだろうか?
ん〜そして現代レイキ法に出会ったのもその頃でした。

始めは、気を受けやすい敏感体質の私には、(ヒョウイ体質)
レイキはマッサージに活かせるからいいね。と思ったのですが、
学びが深まるうちに、なんだが奥深くなっていって、
自分が真ん中で生きられる方法の一つだったことに気づきました。


他にも、自分が苦手な事にあえてトライしたり、
自分を超える事が趣味みたいになっていた時代もありますね。
(このあたりは、論理療法に共通点がみられます。)


レイキ法の実践を続けることによって、
だいぶ、真ん中で生きられる様になり、出会う人々も変わってきました。
周りが変われば、自分が変わったこと、というのは本当の事ですね。

時々、私はセミナーなどで厳しいと言われるのですが。苦笑
それは自分が厳しくしないと、
そんな泥沼から這い上がる事が出来なかっただけなんですね。
自分が過去にしてきたことを話しているのであって、
それを参考にしたい人もいれば、必要のない人もいます。
そして、厳しく感じる人もいれば感じない人もいるということです。笑

主観の登場です。
大概、その人に対して言った覚えのない人からキビシイと言われ、
特定の人に対してキビシイ事を言ったとしても、心に響いてない事が殆ど。笑


手放すって簡単じゃない...
話が脱線しましたが、(そのまま脱線しましょう。笑)
だいぶ真ん中で生きられる様になってきたとはいえ、
人間は、宇宙と同じで常に変化していくもの
生きているうちも輪廻を繰り返すもの

古い自分を脱ぎさる時がきます。
その為の浄化も吹き出します。

私自身、一安心したのもつかの間。
弱かった自分を律して、
強い自己像を作り上げて、

やっと何かを得た!(自分というもの)
そう思った次の瞬間に手放す事を宇宙は求めてきました。
(泥沼時代の自分をすっかり忘れた頃に、笑)

新たなトランスフォーメーションです。
(私の中に9年周期が存在してます。)
変容のまっただ中にいるのを感じています。

もう笑うしかないですね〜。
私のような敏感体質の人間は、
宇宙の流れには逆らえないように出来ています。


新しい生き方
好きな事を求めて生きた時代、その先にあったものは無。
嫌いなことにトライし変化を求めた時代、その先にあったものも無。
自分(自我)というものは、あるようで無かった。笑

結局、求めて得られるものは表面上の事のみで、
魂の求めているものは得られていなかった〜。

今は、そのどちらでもない生き方を試しています。
求めないで生きてみると、仕事や人間関係等において
今までどれだけ利己主義(求めてる証拠。笑)で生きていたかを気づかされます。
利己主義からくるいい子ちゃんは卒業したいですね。

自分の出来る事を精一杯やって、
完全に宇宙の流れにまかせる。(これがまた難しい)
自分(自我)を求めないのなら、
その先には、
ひょっとすると無という有を感じることができるかもしれません。
???笑さて?



最近は敏感な人も多いので、感じている人も多いと思いますが、
いわゆる変化変容。自分レベル、宇宙レベル。結局は同じです。
宇宙の中の地球にすむ人間ですから、
世界の情勢や太陽の黒点、フレイヤ、災害などの自然現象などが
起きている宇宙と共鳴しているんですね。
数秘術で言っても、自己を見つめるとき、2011(4)の一年です。

さて、その2011年も終わりに近づいてきました。
スピードは更に加速していきそうな予感です。

日々のお勉強、研鑽、楽しみも忘れず
あるがままの自分で生きたいものです。

自由ってなんだ?
greece

自由化推進
表面世界では、TPP、貿易自由化に注目が集まっておりますが、

私の推進したい自由化は、
本当の自由、いわゆる魂の自由化を推進します。笑
(異次元間での関連性は感じますが...)


本来の意味での自由とは、
自分だと思っている自我を手放すこと。

自我を手放すのは怖いです。
(本当の自分を見るのも怖いけど..笑)
三次元での死のような恐れもあるようです。

そうして、自我を手放したその隙間に
新しいエネルギーが入ってくるのですが、
その時、エネルギー調整があります。
表面的には、混乱や鬱として表面化することも多いようです。

ほんの一部の世界では、笑
3次元から5次元になると言われていますが、
4次元を忘れちゃ〜いけないですね。
さて4次元とは幽界と言われているのです。
そこを通過、超えるとはどんな感じなのでしょうか?

幽界とえいば、なぜかあまり良いイメージがないのですが、
不安とか恐怖、怒り、念というイメージがちらつきます。笑

人間の波動が上昇する際には、
そこを通過する必要があるのかもしれません。
上昇した人は、上がる前に、どかんと落ちてますね。

不安も恐怖も自分の中にあると、
大きな意味で認めていくことがいいのだと思います。

自分の中にある不安や恐怖を認めず、否定している間は、
それに対して翻弄されてしまうのですが、

しょう〜もないわね〜
あるのあるの。そんなのいっぱい。
って開き直ると受け入れられたり。(自己談ですが.笑)


生きてるって事は、不完全だという事だと思うので、
(人生が学びの為にあると前提して)
不完全だからこそ日々、いろいろ気づかされています。


毎日、ありがとうございます。


○(円)と○(円)


誰一人同じ人間はいなくって

持って生まれたエネルギーの量も質も違う
持って生まれたテーマもカルマも違う
陰が強かったり、陽が強かったり、またはその逆も

同じである必要なんてないのに

同じが良いはずだ、そんな世間の動きもある。


いやいやそうじゃないんだ
エネルギーには、同化したがる動きもあるけれど、

○(円)と○(円)では、○(円)に成らないのだよ。

○(円)のパズルを完成させるには、
人まねじゃうまくいかない。
全てが丸いパズルのピースなんて見た事がないだろう?

こう思うよ。
自分のエネルギーの本質を知って、磨いて、活かした時、
初めて、「繋がる」、大きな○(円)になるんだと思う。
繋がる相手は、人でも自然でも宇宙でもだ。


繋がりたいからと言って、人にしがみつくのはどうだろう?
君にはもっと素敵なエネルギーがあるのだから、
それを活かしてみないと、本当の意味での繋がりは難しいよ。

3次元で手をつないで繋がることも大切かもしれない。
でもそのとき、ちゃんと自分のエネルギーのことも知っておかないとね。

あるがままの自分を探してみよう。
まだまだ知らない自分がいるよ。

時には、見たくない自分もいるけれど、
それも自分なんだから認めていこう。

陰と陽、ポジティブネガティブ、良い悪い
それはセットで一つ、君自身だ。


コーヒーミル
森の時計

ミルを回すのは、宇宙。

私たちは、コーヒー豆。

逆らわなければ、キレイな中挽きとなって、
いろんな経過をたどって、人に癒しと感動を与える
美味しいコーヒーとなる。

時々流れに逆らう豆は、
気づくとミルの外へと落ちている。。





小さすぎる靴
チベット鉄道 天空列車

小さすぎる靴

その靴のままでは遠くへは行けない

小さすぎる靴

その靴のままでは自由は感じられない


小さすぎる靴

その靴を脱ぎ捨ててみよう
•2017.11@山口県 禮楽氣療講座
•2017.11@山口県 瞑想法習得講座
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube