東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
なにもしないということ
年末辺りから始まった、様々なレイ的なひとつの課題がクリアに。
今回は長かった〜。

すみません。エンパスな自分にまだまだ修行が足らぬと改めて実感したのと、
お陰さまで、大きな霊的お仕事、ひとつ片付きました。

そんなもがきの中で生まれてきたのがこちら。


script_scriptより転載です。



マジか!そんな生き方でいいのか?存在意義は?

2016年、何かがおかしい。そんなつもりはないのだけれど、
一体どうしたっていうのだろうか?数年前までは、
スケジュール帳がビッシリ、予定を埋めないと気が済まない程で、
あちらこちらと飛行機で移動する毎日だった。
数分の遅れが致命傷になりそうなので、
いつも何かに追われて生きて、
それでもなんだかそれをこなせる自分が自慢だったり、生き甲斐だった。
とはいえ完全なワーカホリックだったことは認める。
何の為に仕事を?考える余裕もなく予定に追われていたような気がする。
より多くの情報を得て、理解して、自分のものにして、アウトプット。
日々、競争のようなもの。

世界が一転したのか、自分か。いや単なる共鳴か。

3.11以降、早くに気づいた人は、そんな競争の毎日に「さよなら」して移住を決めた。
これからは自給自足だ!と、多分、多くの共感者が新しい競争に走ったのだ。。
けれど田舎の生活、自給自足の生活は、都会のそれとは大違い。
人より早くその地を得たは良かったもののワーカーホリックの様にはなれない。
ことに田舎の時間はゆっくりで、自然との共存は自分の意志では無理である。
よっしゃ!田舎を再生させたるわ!
と意気込んでいろんな企画を持ち込んでも案の定の肩すかし。
なぜだ。なぜうまく行かない?都会ではうまく行ってたじゃないか!
と自信に満ちあふれていた頃の自分とは大違いの自分に驚く。

もうだめだ。新しく生まれ変わるしかない

田舎で作った自分の帝国。浮いている自分。けれど、都会に戻りたいとは思わない。
もう競争なんてこりごりである。だったらもうこれしかない!
「新しく生まれ変わるぞ」後は恐怖心との戦い。
残された戦いの相手とは唯一の存在、自分だ。
存在価値なんて捨ててしまえ、そんなものあると思っていたことが笑っちゃう。
幻想の中で組み立てて作り上げた自分像。
ガラガラと音をたてて崩れ落ちた事を忘れたのか?

ガラガラと音をたてて崩れ落ちた頃、しばらく沈黙の中で暮らしていると

「もう何もしなくていいよ。」

どこからともなく聞こえた声。時々ある天の声というか、
ハイヤーセルフかはたまた魂か、この際、呼び名なんて何でもいいのだと思うが。

続きを読みたい方は、こちらへ
https://note.mu/script_script/n/n467b2312ede6

•2017.5@山口県 禮楽氣療講座
•2017.5@東京瞑想講座開催
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube