東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 菌も聞いている。私達の話を! | main | いま、東京です☆禮楽氣療講座の開催 >>
見えない「氣」。見える「心」

soigner reiki ソワニエ

 

氣のことについて、驚いたある出来事を書きたいのですが、

実際に起きたことは、書くのが難しいですね。

 

その時起きた流れをそのままかけば、特定されてしまって、

誰かを否定してしまうことにもなりかねない。

公のブログではやってはいけないこと。

良い事ならいいけれど☆。

 

 

う〜んう〜ん。

絞り出せ〜〜。笑

 

 

 

 

こんな感じでいくか。笑

(すみません、、独り言まで書いた。笑)

 

 

 

今、町民講座などで、

アチューンメントなしでもレイキのような氣を使えるのか、

私は使える!と確信があって挑んでいます。

 

実際にはどうか?

老若男女、レイキのレベル1、初級レベルならみんながクリアしています。

(町民講座の目的はここにあります。初級レベルはみんな出来る様になろう!!って。)

 

私の確信は、現実のものとなりました。

 

レイキをやっていると、そうなの?と疑問が湧くかもしれない。

(私もむかしならそうだった。)

 

そのからくりは、講師にあります。

今の講座であれば、講師である私がキーマンです。

 

 

私が一定の氣の波動を出す事によって、

受講者さんたちに共鳴が起きるのです。

 

レイキの説明になりますが、アチューンメントは、

講師の高い波動と、初心者である生徒の波動が共鳴することによって、

生徒の波動が一時的に講師と同じ様に高くなり、更に波動の記憶へと繋がります。

 

一度記憶した波動は、その生徒がレイキヒーリングや技法をしたときに、

引き出されて、同じ様に使える様になります。

 

 

ただし。。。

臼井先生は、一回受けたら一生有効だよ♪って言ってません。笑

それは、西洋的な合理主義的な流れの中で生まれたもの。

 

現代レイキも一般的なアチューンメントを採用していますが、

継続実践は重要かつ不可欠だと言っています。霊授も。

 

そして臼井先生は、霊授を繰り返し受けて、継続実践してください。

と言われています。

 

講師のその高波動をしっかり自分に記憶させて、

更に日常生活の中でも維持出来る様に、継続実践が必要です。

 

レイキは修行はいりません。なんて誰が言ったかね?(笑)

あれは、超初級レベルなら、の事ですからね。

 

 

そして、

その記憶がしっかり身に付いたら、もちろん講師を超えることも可能なのです。

でもまずは、講師の波動まで辿り着くことが必要です。

それまでは、講師も波動の力を生徒に貸します。

 

講師が日常生活さぼったら、すぐ引き下がります(共鳴によって引っ張られます)のでご注意を。

だから自分の為にも生徒さんの為にも講師はしっかり修行してね。笑

 

 

ということは。。

何が言いたいかといいますと、講師はしっかり選んだ方が良いよ。

ということ。

 

 

習う講師は、目指したい波動を持っているのか、(まずはそこまで辿り着くことが必要)

さらにそこを超えていくために、依存ではなく独立成長させてもらえる様な人か。

という所は、「氣」「レイキ」を学ぶ上でも重要ポイントであると思います。

(なんでもそうだと思いますが。)

 

レイキの講師をしていると、これまで依存されることもありましたが、

禮楽氣療では、そこに重きを見て、生徒さんが独立成長が出来る様に願って構築しています。

 

 

ある場面でのこと。

ものすごく言葉が悪く病気がちの方がいて、

ある日その方が気功をやっていることを知って驚愕したことがあります。

 

その頃の私は、氣をやっている人はみんな言葉を正しく使ったり、

心を平穏に過ごす努力をしていると思っていたからです。

 

 

内心「どんな先生に習ったら、そうなっちゃうの??」って思ってしまった。。知識不足の当時の私。

 

一般的な気功では、心は取り扱わないといいます。

いえ、ちゃんとした先生はたくさんいらっしゃいますが、

そうではない先生や流れもあるのが実際です。

 

 

氣と心は一体なのです。

心がクリアになれば、氣もクリアになります。

言葉を清く使えば、氣も清いものになります。

 

 

自分が発した刺のある言葉が、自分に返ってきて、

病気になることも珍しいことではありません。

自分が出したものは、自分に返ってくるのが波動の世界ですから。

 

 

「氣」は、見えないけど、

「心」は、見えます。

 

感じます。と言った方が正しいかな。

 

 

そして、

「言葉」は聞こえます。読めます。

 

 

 

まずは、しっかり修行している先生を選んで、そこを目指しましょう。

※先生が修行不足で不調だと、生徒も不調になります。(逆も然りでここも共鳴してしまいます)そうなってしまうと、それ以上うえに上がれないので、そんなときは講師を変えるのも方法の1つです。

 

 

そして真剣に学び、講師の支えを卒業して、

 

目指すは、自ら天地自然のエネルギーとしっかりと繋がり共鳴することです。

 

 

私は、みんながそうなって欲しいと真剣に思っています。

 

 

一人一人が それぞれの個性を生かした 光の柱に☆。

 

 

そんな世界が神々しい。

 

 

今日もありがとうございました。

 

•2017.5@山口県 禮楽氣療講座
•2017.5@東京瞑想講座開催
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube