東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< airbnb パン屋の日常 | main | KUMOから始まる氣づき「求めない、そうすれば目の前の幸せに氣づく」 >>
雨乞い?

お天気続きの中富良野。

昨日は、農家さんたちのスプリンクラーもついに動いていました。

 

お天道さまも大事(陽)ですが、雨(陰)も大事。

何事も、陰陽のバランスが必要。

 

今朝は、朝のまどろみの中、

ぽや〜っと、”あぁ〜そろそろ恵みの雨が欲しいよね。畑を湿らせる程度でも良いから雨が降ったら嬉しいなぁ。少し降ったら、水やり作業も少し楽になるなぁ”

 

って思ったら、数秒後に、ポツポツポツ。。と屋根に雨が当たる音が。

え?本当に降ってきた。

 

え、氣のせい?

 

その雨が、一瞬、だーって畑を湿らせて、そして止んだ。

 

 

雨が、本当に畑を湿らせる程度、水やりをしなくてもよい程合いに、降って止んだ。

 

 

しかもまどろみ中、思ったイメージが、

自分のところの畑を入れて、半径数キロだったので、

雨が止んで、まどろみから覚めて、飛び起きてカーテンを開けてみた。

 

うわ、向こう側晴れてる。

やっぱり、半径数キロ内かもしれない。

 

あまりのタイミングの良さと、ありがたさに、

まどろみから一氣に覚めてしまいました。

 

 

起きて考察。

これは、雨が降るのを予知して、その思考に繋がったのか?

ただ、降る前から、雨にハァハァ言うアメリは静かだった。

 

確かに、まどろみ状態や深い瞑想状態の意識になると、

天候を操ることは可能。

 

昔からそういう人はいるし、雨乞いだって昔の日本人は当たり前のことだったし、

実際には、天候と意識、地球の意識は人間の意識と一体ですので。

 

 

では、いま世界中で起きているこの地球の天候のあれ具合は、

地球の変革、人間の変革と繋がっているのでしょう。

 

地球が変わるなら、そこに住む私たちも変わらなければ行きにくい。

いつまでも大昔の月人や火星人のように、地球に住み続けることは出来ない。

 

たしかに、天候を変える兵器も存在しているし、

北京オリンピックのときは、雨を散らしてしたことは知られているし、

人工的なことかもしれない。

 

でもその人工的なものも、はじめは人の意識から始まっているもの。

その意識はどこから来ているのか、

周波数はどことつながっているのか、

地球かもしれないし、違う星かもしれないし、

 

 

久々に、意識との共鳴を感じて、

日々のちょっとしたことを反省もして、

良い朝を迎えました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

と、書き終えたら、また降ってきた。(天気予報はいつ変わったの??)

このタイミングにも何か意味がありそうで、面白いね。

•2017.5@山口県 禮楽氣療講座
•2017.5@東京瞑想講座開催
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube