東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山口県にて、瞑想法習得コース 開催のお知らせ。 | main | 心を捉えて生きる >>
奇跡の連続。宇宙の意志で生きること。

何やら始まるようですね。

 

そういえば、先日見た夢でそんな予感をしていた私。

 

何が起きるのかしら?とのんきに構えていたら、

どうやら始まった神ごと。

 

 

今日はそれにまつわる意志について、再考してみます。

 

 

思い起こせば、2010年の事。

これまで、ある程度自分の意志で生きてきた私は、宇宙の流れに沿って生きるという意味を体験したかった。

だから、自分の意志を一切捨てて、導きを待ちました。

 

そう思い始めると、自分の意志(自我や顕在意識)で何かをしようとしても

なかなかうまく行かなくなります。

 

 

これまでも、大いなる存在に導かれて、生きて来られたことは、

実感済みでしたが、何分若いときは、まだまだいろいろ自我や欲で進もうとすることもあるもので。

 

 

例えば、大いなる存在に守らている感覚とはどんな感じかといえば、

若い頃は、無茶ばかりしてきました。

 

どんなに無茶をしても、車やバイクで自損しても無傷だったり、痛い思いをして傷も残っていますが。。

それでも何かに守られているという感覚がありました。

 

 

そんなことが何度も続くと、「すみませんでした、、こんなに生かしてもらえるなら、本当に心改めます。」

そう思わざるを得ない。その気持ちの中には、どこまでやっても死なせてもらえないなら、生きますよ。誰かのためになることやりますよ。的な諦め感も漂ってはいましたが。。苦笑

 

それは、13才のときの臨死体験のときと同じ感覚。

死後の世界は、本当に愛に満ちていて、素晴らしい体験だったのですが、

 

「まだ早いんじゃない?」

という言葉で、3次元に引き戻され、

 

なんで〜!!!こんな制限ばかり(肉体があるということも制限です)の世界、

愛のない、不安や恐怖や怒りに満ちた現実社会で生かされるなんて、なんて酷なことをするんだ!!

という怒りが湧いたものです。

 

 

 

そこから苦しみのん〜十年(カルマの解消でしょうね)が繰り広げられるわけですが、

30代を前にレイキに出会って、響き合う周波数が代わり、人生が180度好転していきます。

 

 

レイキの道は、霊の道は、深く険しいものです。

はじめは楽しいですけど。

レベル3以降は、自分を見つめる作業、本来の自分に戻る作業。

それが、思いの外大変です。

 

でもそれを乗り越えて、自分を知って、本来の自分の魂のラインに乗ってしまったら、

 

 

ある変化に気づき始めます。

 

自分の意志の中には、宇宙の意志も存在している。ということ。

 

 

それは、

自我や個人的な欲やエゴを超えた先に存在しています。

 

 

2010年に私は、実験を始めました。

もしも、宇宙の意志に完全に沿って生きたら、何が待っているのだろうか?

 

その間があまりに辛くて、

何度か、人が神と呼ぶ存在にも出会い助けられました。

 

自我やエゴを捨てるのって、結構キツいものです。

 

 

ヴィパッサナー瞑想の修行に出たときは、

自我がめったうちになり、

自分だと思って生きてきたのに、自分なんてもんはないんだわ〜!!

って、ものすごい悔しさの中、号泣しました。

 

 

あの悔しさの感覚って、「個」で生きていると経験できないと思う。

「個」を捨てないと「全体」にはなれないのです。

 

 

話せば、まだまだいろいろありますが、

 

そんなこんなで、中富良野。

私がここにいることに、私の意志は全く存在していません。

小声で言うけど、正直、富良野、まして中富良野に何があるのかも知らなかったし、北の国からも見てないし。

 

大事なことを書き忘れてはいけませんが、

今では、中富良野町が大好きになりました。

本当に素晴らしい町ですよ♪。氣も本当に良いのです。

 

 

だけど、そこに宇宙の意志が存在していたので、

私はそれに従っただけなのです。

 

 

私が中富良野に移住をして、家を建てるなんてことを想像できた人がいたでしょうか??

 

私に与えられたミッションは、「中富良野に光の柱を」。

 

未だに私は、ここに使わされた者と思っております。

使わされ、与えられた使命、役目を果たしているだけです。

 

宇宙の意志に沿っていることですから、

うまくいかないことは存在しません。

 

しっかりと、その意志に沿っていれば。の話ですが。笑

 

 

ときに、自我が顔を出しますが、

たいていうまくいきませんのでね、「はいはい、すみませんでしたー」って

そんなときは、なぜかタメ口ですけど。笑

 

 

神ごとは、骨の折れる作業です。

葛藤もあります。人間ですから。

無理難題も多いし。(これは私の意識の問題)

 

 

フィンドホーンを知っていますか?

あの場所を作ったアイリーンさんもあの場所に導かれて、

神が言われたことを忠実にやっていました。

だから人間や常識から見ると、奇跡の様な事がいろいろ起きました。

 

そんなすごい偉業を成したアイリーンさん自身は、

自分がやりたくてやっていたわけではないから、葛藤だらけだった。と語っています。

今は、もう受け入れたというお話だったと思いますが。

 

 

正直、私も100%、宇宙の意志を受け入れてはいません。

だから、葛藤も時々訪れる。受け入れていない%分。。笑

 

 

この社会において、宇宙の意志を100%受け入れるのは勇気のいることですが、

今年は、私にとっても「1」の年。

いよいよ、受け入れる時期が来たのかもしれない。そんな氣もしています。

 

 

なにせ、現実が勝手に動き出している。

 

また始まりました。

 

宇宙さん、お手柔らかに〜!!

•2017.11@山口県 禮楽氣療講座
•2017.11@山口県 瞑想法習得講座
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube