東京から北海道中富良野町へ拠点を移しました。
 ソワニエ レイキ レイラクキリョウ的思想あれこれ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自然栽培野菜。

自然栽培野菜

 

まさか、自分がね。

畑で野菜の収穫をするとは思っていなかったよね。

 

都会のど真ん中で、暮らしていて土を見る機会も少なくて、

でも食べ物のことは氣にしていたから、

 

東京に住んでいた時は、

オーガニックだ〜有機野菜だ〜そして自然栽培の無肥料無農薬に行き着いて、

しばらくお取り寄せ野菜をしていました。

 

そのうち、食べ物や食べること自体に執着しそうな自分に氣づいて、

今度は、食べるのもやめて、氣で生きると言い出して、

ほとんど食べなくなった。笑

 

 

両極を知って、真ん中へ戻る。

 

 

これ、いつの時代も私の定番の生き方。
 

だから、究極にジャンキーな物も若い時は食べていたし、

その反対側のベジタリアン→食べない。氣で生きるもやった。

 

 

そして、今戻ったその両極の真ん中は、

心との対話だったり、(食べたい物は心に聞く)

いただいたものは、神様からの贈りもの。という気持ちだったりを

良い感じで真ん中でやっています。

時々、ジャンキーもあるし、時々食べない。もある。(笑)

 

頭で考えるとろくなことがないのでね。

例えば、3食しっかり、30品目絶対とかノーノーノーだし、

または、肉は動物だからとか、波動が荒いとか、事実だけど、

今の私には、やっぱりノーノーノー。

 

いろいろやってきて、見つけた自分なりの究極論だけども、

息吸って生きているだけで、動物も植物も取り込んでいるのと同じだから。

良いも悪いもない。それは勝手に人間が頭で考えたこと(左脳)

 

 

そして写真は、今年の畑から採れた野菜たち。

まだ他にもトマトとか、かぼちゃなども(これからかな?)

 

楽しみにしていた茄子は、動物達が食べてしまった模様。。笑

かろうじて1つ私達にも残してくれたよ。(誰じゃ。笑)

 

自然栽培という名の、放置畑だからね。

農薬などは、全くなし。虫と動物たちと分け合う畑。笑

 

いやほんと、野菜の味が濃いのね。

畑もず〜っと、農薬なんてものとは無縁なので肥料もあげてないし。

 

草刈りも7月の暑さで、追いつかなくなって(毎年だけど 。。。)

周りの農家さんにだけは出来るだけ迷惑をかけないように、

敷地の周りだけは、草刈り頑張ります。(でも追いつかなかった今年。ごめん笑)

 

こんな感じの自然栽培のセット、お届けしてほしい人いるかな?

送料は、年々上がるけれど、

中富良野から運んでもらって(ペコリ)ありがたいことです。

 

自分で取りに行くのは、時間もお金もかかるから、

田舎にいると、配達の方のありがたみが心のしみますね。

(いつもおパンもお届けしていただきありがとうございます。)

田舎に住んでいても私のような刺激を愛する(数秘5)人間は、

インターネットと宅配があるから生きていけるようものかもしれない。苦笑

田舎は何でもすぐに手に入らないから、適度に節制、自制も入るし。考えるし。フムフム

 

 

さぁて、今日もじゃがいと玉葱も収穫しよう。

(ほったらかし玉葱は、小さいです。栄養を他の草と共有してました...)

周りの玉葱畑には、草一本も生えてないもんね。

※玉葱が一番、農薬を使う作物と聞きました。

 

うちは、完全放置。笑

いわゆる、自然栽培さ〜って、勝手に思っています。笑

 

魂軸、自分軸。ダウンシフトね。

 

 

どこか、関東のお寺で撮った写真。

何番札所だったかなぁと記憶は曖昧に。

 

 

今日は、木曜日。

2011年末に、中富良野という人口5500弱の町、

いわゆる田舎に移住して、え、6年目?はっ早っ!

 

移住前の3年は、10日ごとに移動していました。

東京、旭川、札幌にサロンがあったので、

1ヶ月に3箇所の場所に居て、講師業や施術をしている。

仕事が趣味みたいなものですから、好きでやっておりましたのでね。

何も問題はありませんでしたが。

 

そろそろゆっくりと〜なんて思い始めたのが、

2010年の末あたり。

だから、生き急がず、ガツガツ前へ進むでもなく、

自分の「流れ」に乗ってみることにした。

 

 

流れ着いた中富良野で、いろいろあって今があるけれど、

5年間の間で、私は何か変わっただろうか?

いわゆる田舎暮らしを満喫している?

 

 

確かに、都会と田舎の時間の流れは違います。

けれど、田舎は田舎で忙しいのが現状。

 

店頭営業日が、3日しかないと、

遊んでいると思われたり、罪意識を持たされたり?笑

 

実際は、店頭休業日の方がやること満載なんですけどもね。

 

 

社会に関わらず、人里離れたところで自給自足の生活をしていたら、

それは田舎暮らしを満喫している。と言えるかもしれない。

 

 

でも私にはそこまでの思い(田舎ぐらしを満喫)、は無いようです。

 

自給自足は、良いけれど、全てをそうしてしまったら、

全てが自己完結。別段、人との関わりも必要なくなる。

 

私はそれが好きなタイプでもないなぁ。

 

 

最近知った、ダウンシフトっていう言葉。

生き方のシフトを一段下げて生きよう。っていう意味で使われているのだけれど、

 

なるほどね、

それなら、いいね。

 

 

競争社会はまっぴらごめん。(競争社会は都会も田舎も同じ。)

身の丈で、足るを知って、愛と感謝と豊かさを知って生きる。

 

それがピッタリ。

 

 

今まで、なんでもお金や人に頼むしかなかったことを

自分で出来るようになるのは、いいじゃない。

 

身体と頭をつかって、こうじゃなきゃだめ。なんてないのだから、

自由に誰と比べることもなく自分らしくね。

 

 

働きすぎって、世界から言われる日本人。

働かざるもの食うべからず。なんて言われて育ったけれど、

現代社会、その裏で、ストレス、病気、鬱や自殺も増えている。

バラマキ外交で何億も世界へ出すそのお金は、日本人が汗水垂らして働いた税金。

日本は、福祉、養育、年金、困っている人も多いのでは?。

年金が株取引に利用されて、失敗して、無いもの払えないから受給年齢がどんどん上がって。

 

 

温厚な日本人。

 

 

って、いうかとりあえず目を覚まそうよ日本人。

目の前の現実を冷静にメディアに踊らされずに、

自分の目でみて自分の頭で考えて、自分の心に従おうよ。

 

 

日本人からそれ↑をなくしてしまった教育(GHQ)。

もうその教育を受けていない日本人がいない時代。

 

 

私は高校生のときに思ったことがあって、

大人たちがかけてくる洗脳ワード「こうあるべき」に従わず、

その反対のことをすれば、うまくいく。と。

 

全部が全部、合っていたわけではないけれど、

80%くらいは、そうして良かったと思っています。

そのお陰で、80%は魂レベルで生きてこれたわけだから。

 

残りの20%は、まだまだ揺らぐ。

20%でも揺らぐのに、もしも100%それを信じて生きてきたら、

自分の信じてきた100%を覆すようなことが、必然的に世の中に起きたら、

どうなっちゃうんだろう?

 

 

なるようになる。

それが日本人の特徴なのかな。

 

それって、

私のような茨の道を選んで進むより、良かったりして。笑

 

 

私には、社会を変えてやる!

そのような熱い思いはありませんが、

一人ひとりが、自分の生き方を見つめていこうよ。って言いながら、

草の根で変化を起こすことの方が向いているような氣がします。

 

 

なんて、今日は洗濯をしながら、物思いに耽る時間をもらいました。

文章が支離滅裂。笑〜!

 

最後までお付き合いいただいてしまった方、すみません。^^;;

 

 

いつもありがとうね。

ping送信先が原因だったようです。。

このブログも10年以上続けているわけですが、

 

いつの日からか(数ヶ月)、記事をあげてもエラーが出てしまって、

なんでかな〜と思っていたのですが、

 

 

今日やっと、理由が分かりました。

 

 

そのエラー続きのお陰で、

昨日、記事を書くことについて一つ決めたことがあったのですが、

その氣づきと決断(まだ行動しかけたところ)がきたら、

 

 

今日やっと、急に理由がわかりました。

 

 

急にだよ。

 

 

んも〜、なんでやねん!

んも〜、とかなんかともがいていたのに。

 

一つの氣づきを得たら、答えが降りてきた。

本当に急に。

 

 

その理由は、ping送信先の設定にあったようでした。

 

10年以上前に設定したままになっていたいくつかの送信先。

その送信元のサービスが終わっていたりすると、

「ない」ところに送り続けてた私の記事は、スパム扱いされる可能性が。笑!

 

 

どおりで、検索に上がらないわけだ。

上がらないどころか、どう探しても出てこない状態になってた。笑!

(見つけて読んでくれていた方がきたら、それはもう奇跡です。)

 

10年も経てば、

インターネットの世界はどんどん進んでいますのでね、

すぐに浦島太郎ですよ。

 

あぁ〜スッキリした!!

 

 

氣づいたこと、ちゃんと行動に繋げよう。

 

うまくいかないことには、ちゃんと理由があるものですね。

 

 

ありがとう〜。

 

 

いつも誰かが教えてくれるというより、上から答えが降ってくるけれど、

それって、時間がかかるよね。

 

ねね、誰か教えて〜〜〜笑!

 

パイプを

 

オーストラリアからのゲストさんからいただいたTimTam.

ココナッツとアイスの味。これは、日本では売ってないよ。

うわお〜超美味でした!ありがとうございました。

 

airbnbを始めて、いろんな方々が海外から来てくれて、まるで自分たちが旅行気分。

足はどっぷり中富良野ですけどね。笑

 

7月も終わって、お花シーズンは終わりの中富良野。

観光ターゲットが、お花ですと、観光シーズンが短いですね。

しかもお花と言って有名なラベンダーは、ファーム富田さんですから。

 

え、他は??

ってなるのは、それは寂しいですね〜。

 

 

でも中富良野の観光協会さんも頑張っていますよ。

秋にサイクリングのイベントを昨年も開催して、好評でしたね。

 

東川町のように、やり方によっては、発展する可能性を秘めている町だと私は思っています。

議員さんは、農業ありきの中富良野。とおっしゃっていましたが、

この町に住んでいるのは、農業者だけではないので、

商業、観光も、力を入れても良いと思います。

 

東川町は、役場の方々が積極的に動いてくれている。

そんな風に伺いました。

 

 

中富良野町の人口は、高齢化が進んでいて、(60%以上多分、もっと)

農業も跡継ぎさんがいらっしゃらないという話も聞きます。

 

 

都会には、人口が溢れています。

田舎暮らしにも憧れているのです。

でもみんなの心配事は、仕事なのです。

 

みんながみんが農業が出来るわけでもないし、

昔に比べて農地の拡大が進んでいるので、

中富良野には宅地が異様に少ないという現状もあります。

 

 

ピースガーデンがあるこの場所も、

周りは見渡す限り、畑や田んぼですが、

なんと以前は30軒以上のお家があったそうです!!

(ものすごく驚いた!!)

 

 

空き家もありますが、かなり古い。

そのまま使えるような空き家はあまりないのが現状だから、

そんなとき、役場と町の人がタッグを組んで、いろいろ出来るといいのにね。

なんて思うこともあります。

 

人口が減っていくことは、少子化だけが原因ではないと思います。

子供がいても、このままの町では都会に出ていきたいと思ってしまうのでは?

なんて思うから、魅力的な町になっていくといいですね。

 

そんな中で、

この町にご縁をいただいた私に出来ることは何かな?なんて考えておりまして、

 

出来る範囲で、町との関わりを持つようにしています。

これは、先日、中富良野観光協会のビールパーティーで、

当たったメロン!!

 

大き〜〜〜〜〜〜〜い!!

 

サヤカセンセが、毎年メロン当てるよね〜って言ってた。笑

そうだったかな?あ、去年は近所の小学校のビールパーティーで当たった!!

 

 

 

ピースガーデンも協力させてもらっていて、

くじの景品で、パンのセットをね寄付させてもらいました。

 

ビックメロン、食べごろは、今週末くらいかなぁ?

まだ少し硬そうだから、きっとそう。

ランチのデザートに使ってみようかしら♪

 

 

食べにおいで〜♪笑

 

 

KUMOから始まる氣づき「求めない、そうすれば目の前の幸せに氣づく」

 

現実は、点と点が繋がって線になっていく。

 

しかし、その点の一つ一つを丁寧に大切に扱わなければ、

 

線という現実はかなり薄いものになるでしょう。

 

 

 

一つ一つの点である、日常にある些細な出来事に、

感謝して、次の行動に繋げていく。

 

 

 

そんな点と点が一つの線になることの1つの出来事。

 

 

その日は、

とあるお客様が、蜘蛛を見て、KUMOと呟いていたのを聞きました。

そして神棚の上にある「雲」の文字を見て、またKUMOと呟きました。

 

 

神棚の上にある「雲」2Fがあるけれど、ここは一番高い場所でございます。

というお知らせの為のもの。そんな説明をして、

午後また別のお客様がいらして、「バシャール」熟読されていた。

 

 

 

今日はなんだか、神さまとか、宇宙人とか、ワクワクとか、

いろいろメッセージ来ているなぁと感じていたのですが、

 

 

 

その数日前から、私に来ていた砂川市(北海道)に行くイメージ。

なんだろう?左脳は用事を思いつきませんが、右脳が何度も受取るイメージ。

 

 

 

月曜日の休日。晴れたらあめちゃんを海に連れて行ってあげたいと思っていたけれど、

前日くらいに見た天気予報では晴れだったのに、雨になっていた。

 

 

ん〜どうしようか。

と、そのイメージを思い出し、右脳という宇宙と繋がった「私」の思いのままに

砂川へ。行ったことがあるのはコメリか、北菓楼本店。

 

 

甘いものがそんなに得意ではない私は、シュークリームが苦手。

でも北菓楼のピスコッティは、その昔販売当時のことですが従兄弟が買ってきてくれて、

その嬉しさと自分が食べれた衝撃が残っています。

今日はそれを買いに行ってみようと思いました。

 

 

着いてみて、たまにはカフェでお茶をすることに。

 

 

注文したものが届くまで、ふと手にとった雑誌。Casa BRUTUS。私の好きな雑誌でもあります。

本屋の特集でした。とっても面白くって、マジマジと読んでブックカフェは良いよね〜。

 

 

とワクワク良い発見があったわ!と感じ、もっとじっくり読んでみようと、

正午には家に戻って(砂川までは中富良野から1時間程度)、

Amazon で同じ本を検索。

 

 

検索すると、関連本が出てきて、ジャンルの違う別のものに目が止まる。

 

 

 

そこに、ここ数ヶ月の答えがありました。

ひょっとすると、数年と言っても良いかもしれません。

 

 

 

 

「私は中富良野で何をしているのか?」

 

 

 

 

富良野が好きで移住したのですか?とよく聞かれますが、

今では素晴らしい場所と思っていますが、はじめはそうではありませんでした。

 

 

 

 

 

「流れに任せる」「心、魂の望むがままに」

そう生きると決めた2010年後半。

その自分の流れを心で読んで、2011年に3月9日に北海道に戻ると、

11日に震災が起きて、私のその時の流れは北海道に戻るという方向へ。

 

 

 

「求めない」

そんな生き方をさらに突き詰めて、求められたら動くことにしたら、

中富良野に呼ばれた。それが移住のきっかけ。

 

 

その前に、バイトをお願いされて「求められたので」それに応じたら、

そこで、サヤカセンセと出会った。

 

 

 

そのあとは、「求められること」には、神様級のものと、人間級のものがあって、

応じるべきことは、神様級のことではないと、自分の魂の望みとは離れてしまうことも理解した。

 

 

 

移住して6年目。

そうやって、流れのままにピースガーデンに今いるわけですが、

 

 

でも時々、左脳が余計なことを言うわけですよ。

「で、私は中富良野で何してんの?」と。笑

 

 

 

その思考のループが始まって、それを現実に落とし込んでいくと、

何が起きるかというと、何もかもうまくいかない。という現実が待っています。笑

 

 

でも、また魂のレールに戻ると、何もかもうまくいくんです。笑

 

 

 

世の中が、いわゆる社会の95%くらいは、左脳ベースですから、

その95%の意識で人間が右往左往しています。

ストレスの根本の原因を突き詰めようともせず、せっせとストレスを抱えてしまうような行動を課されています。

私たちは、自分で考えることができる動物なのに。

 

 

 

私だって、そこ出身ですので、

せっかく魂ベースになっても、周りの影響は大きく受けます。

そうならない為の瞑想だったり、呼吸法だったりしますね。笑

行ったり、来たりしながらも、それぞれが、それぞれの魂ベースに乗っかれれば良いと思います。

 

 

 

 

そんな中、見つけた答えというのは、

魂ベースの流れに乗って生きていれば、全てがうまくいくということを体現するためにここにいるのだ。

右脳で腹落ちした答えだったので、あえて左脳を使って言葉にするとなんだか、ちょっと違うような氣もするのですが、だいたいそんな感じです。

 

 

 

 

そして、夕方に、ご飯を食べていたら、

蜘蛛が、巣をせっせと作っていました。

 

 

 

 

蜘蛛の巣は、はじめは風まかせで一本目を出して、

その後、設計図も無いのに、ただひたすらせっせと美しい見事な形を作っていきます。

彼等に全体像が見えているわけもなく、また美しいものをあえて作ろうとしているわけでもなく、

 

 

外側にいる私たちが見てはじめて、

美しい形になっているのが分かるわけですよね。

 

 

 

激しい雨や風が吹いてそれが壊れても、ただひたすらにまた新しい形状を作り出す。

ただそれだけのこと。

 

 

 

そんなただそれだけのことが、なぜ人間には出来ないのでしょうか。

 

 

 

また蜘蛛という彼等が、設計図もないのに、なぜあのような美しい形状を作り出すことが出来るのか。

 

 

 

それは、まさしく先程私が言った「魂ベース」で生きているからです。

 

 

魂ベースというのは、完全なる自然との調和のこと。

 

 

そうすれば、美しいものをあえて作ろうとしなくても

氣づいたときには、美しいものが出来上がっている。ということ。

本人は、それに氣づいていなく、また氣づく必要もないということ。

 

 

 

 

お客さまが、呟いた「KUMO」という言葉の点がここまで繋がりました。

ありがとう。

 

 

 

そして、人間的な私の氣づきでは、

何してるんだろうな〜中富良野で。。と思ったけれど、

 

 

出てきた検索本がね、シンプルライフ、スローライフ的なことで、

自分で小屋を立てた人の本とか、自給自足的な本だったり、だったのだけど、

 

 

それを見て氣づいたのが、あれ、これ全部私もうすでにやってるな。と。笑

 

 

 

人目線で、自分の蜘蛛の巣を見た気分になって、可笑しくなりました。

 

 

 

 

 

最後に、

「求めない、そうすれば目の前の幸せに氣づく」

 

 

 

そんな言葉で締めくくりたいと思います。

 

 

 

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

雨乞い?

お天気続きの中富良野。

昨日は、農家さんたちのスプリンクラーもついに動いていました。

 

お天道さまも大事(陽)ですが、雨(陰)も大事。

何事も、陰陽のバランスが必要。

 

今朝は、朝のまどろみの中、

ぽや〜っと、”あぁ〜そろそろ恵みの雨が欲しいよね。畑を湿らせる程度でも良いから雨が降ったら嬉しいなぁ。少し降ったら、水やり作業も少し楽になるなぁ”

 

って思ったら、数秒後に、ポツポツポツ。。と屋根に雨が当たる音が。

え?本当に降ってきた。

 

え、氣のせい?

 

その雨が、一瞬、だーって畑を湿らせて、そして止んだ。

 

 

雨が、本当に畑を湿らせる程度、水やりをしなくてもよい程合いに、降って止んだ。

 

 

しかもまどろみ中、思ったイメージが、

自分のところの畑を入れて、半径数キロだったので、

雨が止んで、まどろみから覚めて、飛び起きてカーテンを開けてみた。

 

うわ、向こう側晴れてる。

やっぱり、半径数キロ内かもしれない。

 

あまりのタイミングの良さと、ありがたさに、

まどろみから一氣に覚めてしまいました。

 

 

起きて考察。

これは、雨が降るのを予知して、その思考に繋がったのか?

ただ、降る前から、雨にハァハァ言うアメリは静かだった。

 

確かに、まどろみ状態や深い瞑想状態の意識になると、

天候を操ることは可能。

 

昔からそういう人はいるし、雨乞いだって昔の日本人は当たり前のことだったし、

実際には、天候と意識、地球の意識は人間の意識と一体ですので。

 

 

では、いま世界中で起きているこの地球の天候のあれ具合は、

地球の変革、人間の変革と繋がっているのでしょう。

 

地球が変わるなら、そこに住む私たちも変わらなければ行きにくい。

いつまでも大昔の月人や火星人のように、地球に住み続けることは出来ない。

 

たしかに、天候を変える兵器も存在しているし、

北京オリンピックのときは、雨を散らしてしたことは知られているし、

人工的なことかもしれない。

 

でもその人工的なものも、はじめは人の意識から始まっているもの。

その意識はどこから来ているのか、

周波数はどことつながっているのか、

地球かもしれないし、違う星かもしれないし、

 

 

久々に、意識との共鳴を感じて、

日々のちょっとしたことを反省もして、

良い朝を迎えました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

と、書き終えたら、また降ってきた。(天気予報はいつ変わったの??)

このタイミングにも何か意味がありそうで、面白いね。

airbnb パン屋の日常

 

写真は、今airbnbで貸し出し中の一部屋。

この場所も考えてみたら、自分たちで作ったんだった。

 

もう過去の記憶がどんどん忘れ去られていきますね。笑

壁塗りを手伝ってくれたり、その前に解体を手伝ってもらったり、

ほぼ女子力で出来上がっているピースガーデンですね。

私は、そのお陰で胸板が厚くなりました。笑

 

 

8月中旬からは、ふるさとワーキングホリデーで北海道に来る方の

滞在先(受け入れ先)にもなっているので、2週間ほど、そしてその後東京からの生徒さんがいらっしゃるので9月上旬まではほぼ予約は埋まっている感じですね☆。

 

 

別棟!別棟!別棟!

そう鳴り響く心の声。筋肉と時間との相談です.笑

いやいや資金もでした。苦笑

 

 

7月は、角波商店のミホちゃんにカフェを金曜、土曜とお店に出てもらっていましたが、8月からは金曜のみ出てもらえることが決定。私は土日担当。平日は役場関係、銀行関係、などなど開いていますので動けますね。

 

2週間、滞在の方がいるので、私の仲居業も少し楽になるかしら。笑

1泊利用でairbnbを出しているので、シーツとかタオルとか、毎日取り替えて洗濯必須なのでね。

 

今は5時から具たくさん野菜スープとサラダ数種を作って(時折テイクアウト用にサンド)、

モーニングと宿泊者の為の朝ご飯の準備。

10時にミホちゃんが来るまでは、モーニング提供とカフェとランチの仕込み準備。
10時からは、仲居業。シーツ取り替えて洗濯して〜掃除して〜次の方の準備。

そんな夏の日々。

 

そして、今日は寒い。

秋ですかもう?

 

北海道の夏は短いよね〜。

 

秋は、学びの秋。

さぁ、呼吸法、瞑想法、禮楽氣療講座、現代レイキ法、

私の時間が刻々と近づいている!!(笑)

ワクワクです!!

 

 

人生、一生勉強!!

 

 

せっかく学ぶなら、

一生、役にたつものを。

日常生活で、本当に役に立つものを。

 

 

本当に楽しいよ!!

 

 

 

 

 

アメリの昼間のお家。

1階のお店の奥。

ここの下の場所にアメリの大きなハウスが入っていたのですが、

居住空間が二階になったので、上に上げました。

 

でも昼間一緒に出勤という形になるので、

昼間、アメリが安心していられる場所を急遽作りました。

 

これまで、犬が苦手な人が来たとき以外はフリーだったのですが、

といいますか、寝るとき以外、ほぼフリータイムでした。

 

でも、どうやら、アメリには広すぎて、キャパオーバーのようで、

単なる降り出した雨に怯えるようになって、建物をウロウロと。。

 

これは、フリーの時間と、自分の居場所が広過ぎて、

不安が増したのか??

 

こんなにフリーな時間や場所が増える前は、大丈夫だったからね。

 

メリハリのあるアメリとの時間は大事ということで、

一緒に遊ぶ時は遊ぶ。でも構えないときは、1人の時間をもってもらう。

その辺にあった材料をリサイクルして、開き扉を作成。(材料費なしだった)

 

こんな感じに。

 

アメリに入ってもらいました。

なにこれー。いつものじゃなぁーい。と不服そう。

上の方は空いています。

閉める時は、カーテンするからいいでしょ?笑

 

作ったその日は、不服そうでしたが、

今日は、どうやら落ち着くみたいで、スヤスヤ眠っています。

 

良かった。良かった。

あめちゃん、疲れてたのかも。いろんな人も来るし。苦笑

 

アメリ作戦、続行中。

かまってちゃん。

これは、犬と飼い主のベストショット。

でも数分の出来事。。。

 

これだけみると、あぁ〜なんて良い関係なんだろう!って思いますが、

何度も言うけれども、数分の出来事。。

 

最近、7月に入って、アメリの食欲がありません。

でもおやつは食べます。パンも大好きです。

だから、病気ではありません。氣でみてもヒビキもありません。

 

 

病名は、「かまって病」

 

 

確かに、6月末から怒涛のようなスケジュールで、おまけに北海道らしからぬ湿度の猛暑で、

みんなバテ気味なのに、イベントたくさんな季節。

私もサヤカセンセも目の前のお仕事で手一杯。

アメリ(犬)の世話はするけど、一緒に遊んであげていなかったかも。。

といっても人間と遊び方をまだ知らない、もともとは保護犬ですけどね。

 

 

夜や朝は、宿泊客のことで時間やエネルギーがそちらにいくので、

その時間はアメリ時間だったから、きっとかまって病。

 

まず、普段のとっても良いドッグフードを食べ残すように。。

すぐ片付けたり、お肉入れたりといろいろやるんですけど、

ご飯より愛がほしいあめちゃん。根本の解消にはなりません。

 

いわゆる犬の飼い方辞典では、

食べなければ片付ける。わがままの場合、お腹が空けば食べるから。

というやり方が一般的です。

 

 

あめりは、しぶといよ。

見るからに痩せてるじゃないか!!

 

はじめ、保護されたばかりのときも、あめりはご飯をあげても食べなかったのか、

どんどん痩せちゃって、犬のプロも泣かせたしぶとい子。笑

 

そのあと、愛情たっぷりの手作りご飯で体重をなんとか増やしてもらっていました。

そのときのブログを読んでいましたが、ライスプディングとか作ってもらってましたよ♪。

(それ、私も食べたいよ。笑)

 

美味しいご飯と愛情を知っているから、

いくらお高いドックフードでもアメリ的には、「おいちくなぁ〜い」。

 

 

それで、昨日は、じゃがいも初収穫だったし、

豆の生で食べたりしてるから、

それを煮込んで、ドックフードと穀物と美味しそうな〜

そして消化に良さそうな夜ご飯を作って出したら、

がっついて、全部食べました。お皿までペロペロ。

 

あぁ〜良かった。

と一安心して、PCに向かってまた仕事に戻っていました。

 

 

その後、なんか急にどこかへ行ったアメリさん。

なんか変な行動だな。とは思ったのですが、また意識は仕事へ。

 

 

事件はよる寝る前に起きました。

寝室で着替えをしようと思ったら、なんだかひんやりムニュってしたものを踏みました。

 

先日も芋虫が入り込んでて、完全には踏まなかったけれど、そんなこともあったので、

また虫か!?またはカエル?なんて思って暗がりに光を当ててみたら、

う○ぴ。ちっこいやつ。

 

 

量がおかしいから、あとは食べたんだと思う。。

(今朝、床に引いてあった敷物を総洗い)

 

 

犬は、病気のときは別として、自分のテリトリー、

ましてや飼い主の寝室でう○ぴなんてしません。

 

 

あぁ〜〜〜。

ついにここまで来たか。。。

 

アメリとの関係性をちゃんと考えなければいけない。

かまってちゃんを構いすぎて、上下関係が逆になってしまったのでしょう。

 

いつも外で、う○ぴをすると、私たちはアメリのもとへ飛んで行くのでね。

早く片付けたいからそうするのだけど、彼女の中では、「う○ぴすると、注意を引ける」となっている模様。

 

今日からまた、ハウストレーニング。

そして、メリハリのある飼い方をします。

 

ついつい、人間のように思ってしまうアメリですが、

犬であって、いつまでも幼児級の脳は、続くわけですね。

(犬の脳は2、3歳児と同じくらいと言われています。)

 

子供は、かまってほしいとき、病は氣からで、仮病ではないけれど、病気や熱も出すし、

これは、大人になってもそのままの人にいるようですが。。苦笑

 

 

アルツハイマーは、世話をして欲しい、構ってほしい、

という心の状態から引き起こされるという、心と病気の関係の理由もあります。

 

 

世の中、どうなっているだ。

愛が足りないんだよね。全体的に。

 

高度経済成長期、核家族、仕事、ローンを組んで、お金を稼いで、税金いっぱい払って、

子供も大人も疲れ果てて、愛が足りなくて、いろんな病気も増える。

 

 

そんな自分もその流れで大人になって、

田舎に来ても、都会にいても、仕事、仕事、仕事。

 

 

それ、なんか違くない?

と、アメリがう○ぴで、訴えているのかもしれませんね。。

 

あめちゃん、ありがとう。

 

 

 

 

いろんな事がちょっとだけ、一段落

昨日は、一般社団法人PEACE GARDENの第4期の期末でした。

おかしな日付になっておりますが、マヤ暦に合わせてしまい。(苦笑)

 

今日から、第5期目に入りました。

法人の運営は、個人で経営しているのはちょっと違って、

いろいろ決まり事が多いですね。

 

役員会議も今月末にはしないといけません。

理事の選任は、来年。今年は役員報酬のことを再決定しなくてはいけないかなぁ。

 

年々、右肩上がりではありますが、

たとえ経理上、黒字でも現金がなければ、おいおい、ちょっと待ってよ。。

ってことになりますので、んまぁ〜毎年期末近くは、ワタワタしております。

 

出入金でいいじゃないかぁ〜とか思うのですが、

簿記、青色申告、経理、あまり動いていない左脳がヒーヒーです。笑

 

必要なものとして、購入しても経費として認められないものであれば、

ほら来た、売上上がっているけど、現金なくね?みたいな状態に。苦笑

 

経理のお勉強もこの4年で、助けてもらいながら勉強してきました。

毎年、申告時に自分が少しづつ出来るようになってて、嬉しいのですけどね。

 

それで、写真のワインは、Asamaにいただいた、

とっても貴重なワインです。tap-copワインです。北海道のワイナリーです♪。

とっても美味しいですよ♪(ありがとうございました!!)

 

最近は、あの蒸し暑さが和らいで、北海道らしい夏ですので、

風がない日は、時々涼んでいたり。この日は、第4期お疲れ様でした会。

理事と二人です。(役員は二人だけだから。笑)

 

 

ここ最近を振り返って、

5月に山口から禮楽氣療講座の出張から戻って、

怒涛のように流れていました。

 

特にやはり、年号が数秘術「1」ですので、

やっぱり、新しいことが目の前に数件。

4つほどの新しい案件を抱えて、未知の世界で踏ん張っておりました。

 

その中の一つに、ふるさと納税の返礼品に、

ピースガーデン、サヤカセンセのパンと、

中富良野産の米粉で作ったスイーツが仲間入り出来ました☆。

 

airbnbも始まりましたので、この観光シーズンで、宿泊施設が足りないので、

泊まれる日と指定する日は、ほぼ全ての日程、宿泊の方で埋まっております。

 

もう一棟、ゲストハウスというか、移住体験の為の宿泊施設を建てたいのですが、

資金的にもいろいろありますからね。。苦笑

出来ることで、トライしてみたのが、airbnbでした。

 

これは、そのサイトです。(すでにレビューもいただいております。嬉しい!)

https://www.airbnb.jp/rooms/19553648?

 

東京オリンピックのお陰で、民泊法の成立に向かって動いておりますから、

法律も2018年には完全に変わるようなことを聞きました。

 

 

と、

他にも新しい案件を同時進行していて、

いつ終わるんだ〜!!って思いながらも、

山登りと一緒で、小さな一歩一歩を積み重ねると、終わるものなんですね。

それらの結果も少しづつ出てきているので、良かった。良かった。

まだ、終わってないけどもね。

 

法人の方のお仕事が、山場を超えたところで、

やっと、本業にエネルギーを注げるかなぁ。

と、昨日は昼間にそよ風の中、山口の風を感じていたら、

あらま、山口のEちゃんから連絡が。笑

 

秋の山口への出張講座、開催が決定されるといいなぁと思っています。

(ね、Tさん♪)

 

そして、東京のMちゃん、やっとあれだよ!笑

この案件が5期に入ってからになるとは思わなかったけれど、

俄然、やるよ〜!感が増して来ましたので、もう少し待っててね。

 

 

畑の収穫も今日は、じゃがいもを2本ほど試しに引き抜いてみたら、

とても美味しいのが出来ていました。(もう食べたから。笑)

 

 

今週は、月曜日の富良野市主催の呼吸と氣の講座も涼しかったし、

今日の中富良野町の自主企画講座の方も濃く有意義だった。

 

最近は、

あんなに苦手と思っていた、役場、役所関係さまとのお仕事が増えていて、不思議な気分。

 

何が不思議かって、自分の苦手意識が無くなっていて、

楽しんでいるところね。笑

 

役場行くの楽しいんだから、笑っちゃう。(自分で自分を。w)

 

そういった方々(場所)と、お仕事させていただくのって、

自分たちだけの利益だけではなくて、氣や呼吸にしても、

もっと、世間に広がる感じがある、そんな氣がします。

 

ふるさと納税にしても中富良野町の宣伝にもなっていて、

このタッグの感じが、なんかイイなぁ〜。と思っています。

 

 

さぁ、明日は、

サヤカセンセは、配達のパンとふるさと納税のパンを焼く日。

私は、家の修繕や草刈りとか、経理とか、宿泊客の準備とか、なんかもういろいろだけど。(笑)

 

夜は、韓国からのお客様をお迎えして、

あ、近所の小学校のビールパーティーもあるんだった。

明日は、観光協会のビールパーティーだ。

 

北海道の短い夏は、イベントも畑も仕事も密集してますね。

でも今から、冬の準備もしておかないとね。笑

(閉ざされた冬、何をするのかを考えるのは、以外に大事な事。)

 

 

薪割は、必須です。。

 

 

今日も1日、ありがとうございました。

 

 

第5期目に入りまして、より一層、

毎日を、大切に、丁寧に、生きようね。

そう2人、話し合いました。

 

 

目に見える、心に映る、その全てのものに、

愛と感謝を。

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

※macのメールソフトが、立ち上がらなくなっていて、

メールがおかしなことになっているかもしれません。。

ご迷惑をおかけしていたら、申し訳ございません。

webメールから確認していますが、どうにかしないと。。な状況です。。

 


 

•2017.11@山口県 禮楽氣療講座
•2017.11@山口県 瞑想法習得講座
<< LINK >>

●Soigner Reiki japan

●一般社団法人PEACE GARDEN

●FaceBook/PeaceGarden

●おパン店長ブログ/しゅわ♪
●看板犬ブログ/あめぽ

youtube